復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

ネミサマさんの公開ページ 復刊投票コメント一覧 5ページ

復刊リクエスト投票

  • 朝のガスパール+電脳筒井線

    【著者】筒井康隆

    ちょっと興味あり。(2006/03/24)
  • 電車・客貨車

    【著者】横山勝義 監修

    若い「鉄っちゃん」には、ものめずらしくて、古い「鉄っちゃ
    ん」には、なつかしい、そんな感じの本か。(2006/03/22)
  • 若造たちの物理学

    【著者】高木 秀男

    ちょっと興味あり!(2006/03/22)
  • 「経済人」の終わり―全体主義はなぜ生まれたか

    【著者】P.F. ドラッカー

    かつて、ヒトラーや、ナチスドイツなどに、興味を持ったものと
    して、たとえ「鉛」のようで読むのが、むつかしいとしても、是
    非、読んでみたい。 「なぜ、それが起ったのか?」だけではな
    くて、「それを、どうしたらよいのか?」まで、少しでも分ると
    したら「地獄の様相」も、少し違うかもしれないから。(2006/03/22)
  • 創造的都市 都市再生のための道具箱

    【著者】チャールズ・ランドリー 後藤和子

    街に棲み、街を眺めして、つくづく感じるのは、街を造って、そ
    の、にぎわいを維持していくのは、かなり大変なことだなぁ~と
    いうことです。 よって、かなり興味があります。(2006/03/21)
  • シンクロ・バイブス

    【著者】KEITA

    東京にもう六十年近く棲んでいますが、「渋谷の、とある一角に
    アインシュタインが予言した、異次元へのブラック・ホールがあ
    るぞ!」と言われたって、別に驚かずに、うっかり「有るかも
    ね!」なんて言ってしまいそうなところ故に、こんな話は、探せ
    ば、有るかも知れない気がします。 「へん」だの「キモッ」だ
    のと、「ゆめ」とか「ロマン」とかは、紙一重でしょうから。(2006/03/20)
  • 幻想舞台写真帖 天井桟敷の人々

    【著者】寺山修司、篠山紀信、沢渡朔、立木義浩

    いきなり「知りません」とは、正直過ぎる! 確かにオーナーさ
    んの仰る通りの写真集ですが、正式タイトルは「幻想舞台写真帖
    天井桟敷の人々」です。「1977(S52)、演劇実験室天井
    桟敷結成10年目に発行された写真集。 数百人に登る天井桟敷
    在籍者の一覧が圧巻」と、ある寺山修司氏の私的蔵書リスト・サ
    イトにはありました。 単に「天井桟敷の人々」とやると、第2
    次大戦下で作られた仏映画になりますので、御注意を!(2006/03/20)
  • 下山事件全研究

    【著者】佐藤一

    いくらか、興味を持って、この事件の本を何冊か読みましたが、
    結局は「他殺」が、だれに有利で、「自殺」が、だれに有利かの
    ところへと行き着くようです。 この著者氏は「自殺」を取って
    いる訳です。 ま、両方の説がある方が、より、面白く事件が推
    理できるということかもしれない。 しかし、それとても「真
    実」とは行かぬかもしれない。(2006/03/20)
  • ぼくらはガリレオ

    【著者】板倉聖宣

    ちょっと興味あり。(2006/03/18)
  • たいした問題じゃない

    【著者】速星七生

    「たいした問題じゃない」と言いつつ、結構「問題」があったり
    して・・・。(2006/03/18)
  • 万物の歴史

    【著者】ケン・ウィルバー

    かなり興味あり。(2006/03/18)
  • タイムトラベラー2038年

    【著者】H・J・ブル-メンタ-ル[ほか] 著 白田由香利 訳

    タイムマシンものにはよく出て来る「親殺しのパラドックス」な
    んかも出てきますが、ユーモアたっぷりに解説してくれていま
    す。 ここで訳者の白田由香利さんの、あとがきよりーーー著者
    たちがタイムトラベラーになりきって書いているため、どこから
    どこまでがSFで、どこが真実なのかわからなくなることもしば
    しばでした。ーーーとあるくらい想像の翼を広げるには、あちこ
    ちにユーモアがあって、楽しい本です。(2006/03/09)
  • 出会う人みな、仕事の先生

    【著者】内海 勝統

    そんなふうに、考えられるのならば、もしかしたら、どこに居よ
    うとも、寂しさなんか感じなくて済みそうだし、第一人生が明る
    く感じられるだろう。(2006/03/09)
  • 人生は最高の宝物

    【著者】マーク フィッシャー

    「人はみな、その人なりの個性や経験という輝く知恵の入った
    カップのよう」ーーーーああ!そのように人や、人間を見る事が
    できたなら・・・・・・。 私はそう思うので、読んでみたい。(2006/03/09)
  • 泥棒の本

    【著者】内容を参照

    かの「三億円」の話ものっているのでしょうか? とにかく興味
    は尽きそうにも無い。(2006/03/09)
  • エコライフ&スローライフを実現する愉しい非電化 洋泉社MOOK―シリーズStartLine

    【著者】藤村靖之

    確かに、今、電気を使い過ぎている。 なのに「便利さ」に目が
    くらんで、それを、忘れがちになっている。 「非電化」でも、
    もし、なんとか暮らせるものなら、やってみたいので、その参考
    になればと、投票します。(2006/03/09)
  • クスリ奇談

    【著者】春山行夫

    愚かしかろうが、涙ぐましかろうが、人間が営々とやって来た、
    その愛おしい苦労と努力を知るのには、いいかも。(2006/03/09)
  • 毒舌だっていいじゃんかぁ

    【著者】にゃにゃ

    オーナーさんの「叫び」に乗ったのと、私も興味がありますの
    で、一票!(2006/03/09)
  • タモリのTOKYO坂道美学入門

    【著者】タモリ

    ちょっと興味あり。(2006/03/09)
  • ワヤン ジャワの影絵芝居

    【著者】松本亮

    ちょっと興味あり。(2006/03/09)

T-POINT 貯まる!使える!