復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

2

投票する

若造たちの物理学




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 2

著者 高木 秀男
出版社 科学堂
ジャンル 専門書
登録日 2006/03/21
リクエストNo. 33121

リクエスト内容

副題にあるように20世紀科学革命の人間模様について書いてあるが、あのノーベル物理学賞学者セグレの『X線からクォークまで』よりもずっと面白くて勉強になる。内容は物理学史にしては、少し堅い印象があり数式が(適度に)難しいが、なかなか味のある本である。そして、なによりもこんな良書を書いた人が『科学堂』という福井市の古本屋の店主であり、原子核理論専門の学者でもあるという著者のユニークさに魅力を感じずにはいられない。著書には他に『プリンキピアへの道』、『科学思想としての物理学』など3冊があるが、上記の本とともに隠れた名著として薦めたい。人はとかく高価で有名なワインが美味であるという先入観があるが、そうでないことをこの本は教えてくれるだろう。世の中には読まぬと損だという本は、確かに存在する。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全2件

  • ちょっと興味あり! (2006/03/22)
    GOOD!0
  • 無名だが、このまま埋もれるにはとても惜しい優れた物理学書があることを知ってもらいたい。 (2006/03/21)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2006/03/21
    『若造たちの物理学』(高木 秀男)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!