復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,970円(税込)

日中和平工作 1937-1941

戸部良一

2,970円(税込)

(本体価格 2,700 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:27ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 戸部良一
出版社 吉川弘文館
判型 四六判
頁数 330 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642084437

商品内容

盧溝橋事件発生後、日中両軍の激戦が広がる中、軍事作戦と並行して和平の試みが何度も繰り返された。
外交官だけでなく軍人や民間人ら和平工作に関わった人びとは、いかに中国側と接触し、なぜ挫折せざるを得なかったのか。数々の記録から日中和平の実現をめざした彼らの考えや行動を追跡し、泥沼化する軍事紛争の知られざる側面を明らかにする。

▼目次
はじめに
第一章 初期の工作

--1 密使の派遣
--2 船津工作
--3 トラウトマン工作
第二章 高宗武と日本
--1 董道寧の来日
--2 和平の「同志」
--3 高宗武の来日
第三章 交錯
--1 宇垣・孔祥熙工作
--2 香港での接触
--3 宇垣工作の終焉
第四章 汪兆銘の挙事
--1 蕭振瀛工作
--2 渡辺工作
--3 和平と謀略の間
第五章 汪兆銘政権樹立
--1 「暫時傍観」
--2 汪兆銘のハノイ脱出
--3 汪工作のその後
第六章 対重慶直接工作
--1 汪工作との競合
--2 桐工作・序盤
--3 桐工作・中盤
--4 桐工作・終盤
第七章 その後の和平工作
--1 重慶ルートの模索
--2 松岡・銭永銘工作
--3 香港での「交渉」
むすび
人名索引

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!