復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
3,850円(税込)

日本神道史 増補新版

岡田莊司 小林宣彦 編

日本神道史 増補新版

予価 3,850円(税込)

(本体価格 3,500 円 + 消費税10%)

配送時期:2021/04/上旬

Tポイント:35ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:46 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 岡田莊司 小林宣彦 編
出版社 吉川弘文館
判型 四六判
頁数 404 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642083959

商品内容

古来、神は日本人の精神的より所としてあらゆる場所に存在し、国家成立に大きな位置を占めるようになった。天皇祭祀、神信仰のあり方など基本事項を詳細に描き、現代神社の信仰分布を解明する。
初版刊行から10年、沖ノ島や律令国家祭祀に新たな知見を加えるなど、記述を全面的に見直しよりわかりやすく編集。今も生活に息づく神道の世界へ誘う。

▼目次
I 神道とは何か
--神道・神社の成立と淵源
--天皇と神社の祭祀体系
--神道史上の転換期
II 神道の歴史
--祭祀の誕生
 --宗像沖ノ島と三輪山-国家祭祀の起源
 --宗像大社と宗像沖ノ島遺跡
 --大神神社と三輪山麓の祭祀遺跡
 --大和王権の「まつり」から律令神祇祭祀へ
--律令国家と祭祀
 --律令国家の成立
 --神祇令/神祇官
 --国家祭祀と天皇祭祀
 --神宮祭祀
 --神仏の融合
 --律令から格式へ
  以下細目略
--多様化する神道-平安時代・中世
--理論化する神道とその再編
--新たな神道体制の確立)
III 神社分布と神道の現在
--平成初年の神社
--八幡の神
--伊勢・天神・稲荷の神
--顕著な特徴を持つ神
--近世から現代にかけての神社数の推移
--古代・中世の信仰の流れ
--神社のいま

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!