復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

増補 聖別された肉体

横山茂雄

4,180円(税込)

(本体価格 3,800 円 + 消費税10%)

amazon.co.jpにてお買い求めください

amazon.co.jpへ

※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。

お気に入りに追加

著者 横山茂雄
出版社 創元社
判型 A5
頁数 384 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784422202945

商品内容

現在においても、公認文化から排斥され、深層に抑圧された無意識的な概念の表出する舞台であるオカルティズム。
それは近代ヨーロッパにおいて社会ダーヴィニズムと接合し、とりわけナチ・ドイツにおいて、フェルキッシュな人種論として先鋭化、ついには純粋アーリア=ゲルマン人種のホムンクルスを造らんとする計画が「生命の泉」で実行に移されようとするまでに至った。
ヨーロッパの底流に流れるそのオカルティズムの全体と本質を初めて明らかにした幻の名著がついに増補再刊。
叢書パルマコン第二弾!

▼目次
第1章 ウィーン=バビロン
第2章 鉤十字の城
--1 ランツの「神聖動物学」
--2 ヒトラーと『オースタラ』
--3 「新聖堂騎士団」
--4 アリオゾフィの展開
第3章 根源人種の彼方に
--1 オカルト・リヴァイヴァルと神智学協会
--2 ブラヴァツキーの『秘奥の奥義』
--3 人と獣の交合
--4 ユダヤ人とチャンダーラ
--5 反ユダヤ主義とオカルティズム
--6 帝政末期ロシアのオカルティズム
第4章 予言者たち
--1 『神智学とアッシリアの獣人』
--2 族生するフェルキッシュ思想
--3 リストの「アルマーネンシャフト」
--4 「北極」の白色人種
--5 「リスト協会」の設立
--6 シュヴァービングとアスコーナ
--7 ヘッケルの唯物論的二元論[モニスムス]とフェルキッシュ思想
--8 「血はまったく特製のジュースだ」
第5章 ナチ出現前後
--1 「トゥーレ協会」の影
--2 ゼボッテンドルフと右翼政治運動
--3 ゴルスレーベンと「エッダ協会」
--4 アリオゾフィの復興
第6章 「二十世紀の神話」
--1 弾圧されるオカルティズム
--2 ローゼンベルクと「北方」のアトランティス
--3 人種論と性的妄想
--4 親衛隊大佐シュヴァルツ=ボストゥニッチュ
--5 オカルト人種論とナチ人種論
--6 「新たなる貴族」の育成
第7章 「祖先の遺産」
--1 ヒムラーとオカルティズム
--2 アーネンエルベと宇宙氷説
--3 ヴィグリート、親衛隊のラスプーチン
--4 聖杯の城「ヴェーヴェルスブルク」
第8章 ホムンクルスの流産
--1 「生命の泉」
--2 優生学の悪夢
--3 オカルト人種論という暗渠

附録
--I 歪んだ性意識-ヴァイニンガー、シュレーバー、ランツ
--II 玄米、皇国、沈没大陸
--III J・ランツ=リーベンフェルス博士『神智学とアッシリアの獣人』(抄)

あとがき
三十年後のあとがき
解説(森貴史)
索引

もっと見る

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!