1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『海辺を行き交うお触れ書き 浦触の語る徳川情報網(水本邦彦)』 販売ページ

海辺を行き交うお触れ書き 浦触の語る徳川情報網

海辺を行き交うお触れ書き 浦触の語る徳川情報網

  • 著者: 水本邦彦
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 270 頁
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 2019/07/中旬
  • 在庫数: 44 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格:予価 1,944 円 (税込)
    (本体価格 1,800 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 18ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

江戸時代、海運・海難に関するお触書「浦触(うらぶれ)」が、全国の海辺の村や町を行き交っていた。年貢米輸送船の行方捜索や島抜け流人の追跡、瓦や材木の回漕予告、漂着した異国船の長崎への護送など、テーマは海事全般に及ぶ。
国境・藩境を越えて津々浦々に届いた「浦触」を読み解き、幕府の情報ネットワークの仕組みと複合的な全国支配の実態に迫る。

▼目次
浦触と出会う -プロローグ
四国を巡る
 大洲藩領の継ぎ送り
 松山藩や小松藩領の場合
 請印帳の役割
九州へ渡る
 肥前国星賀村にて
 肥後国天草へ
東海を行き交う
 三河国刈谷町の庄屋留帳と多彩な浦触
 瓦と材木
 幕府触れ・藩触れと浦触
 江戸前期の浦触
 九州・四国との比較
東北・北陸を旅する
 「弘前藩庁日記」を読む
 下達型から横断型へ
 出羽国酒田湊の記録
 越中・能登・加賀では
山陰から山陽へ
 石見国の大浦湊
 備前国岡山藩領
仲間を探す
 類似触れのいろいろ
 伊能忠敬の測量
幕末から明治へ -エピローグ

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/06/05
『海辺を行き交うお触れ書き 浦触の語る徳川情報網』(水本邦彦)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

船舶に関するQ&A

昭和50年頃に読んだ500円の本を探しています。

昭和50年頃に読んだ本を探しています。 挿絵が多い(絵物語のような)本で、値段は500円でした。 内容は宇宙戦争物で、いくつかの戦いが挿絵と共に解説してありました。 ヤマトという名の宇宙戦艦が出て...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る