1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『近世の巨大地震(矢田俊文)』 販売ページ

近世の巨大地震

近世の巨大地震

  • 著者: 矢田俊文
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 256 頁
  • ISBN: 9784642058636
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 2018/10/上旬
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 1,944 円 (税込)
    (本体価格 1,800 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 18ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

南海・相模トラフなどを震源とする巨大地震が、近世社会を何度も襲った。これらのありさまを書き残した人々の日記や幕府への被害報告から、津波や家屋倒壊の被害状況、死亡者数や死因、震源域を復元する。
俳句や紀行文などにまで「地震史料」の枠を広げつつ、歴史上の災害から未来への備えを拓くことに挑む。
中世地震を取り上げた前著の続編。

▼目次
◇史料から歴史地震を復元する -プロローグ
◇天正地震、文禄・慶長の地震 -十六世紀末~十七世紀前半の地震
--天正地震/文禄・慶長の地震/寛永熊本地震と寛文近江・若狭地震
◇元禄関東地震、宝永地震 -十七世紀末~十八世紀前半の地震
--延宝房総沖地震と天和の五十里湖出現/元禄関東地震/宝永地震/会津・伯耆・美作・信濃の地震/越後高田地震
◇越後三条地震、出羽庄内沖地震 -十九世紀前半の地震
--佐渡小木地震と出羽象潟地震/越後三条地震/出羽庄内沖地震
◇弘化善光寺地震、嘉永の東海地震、安政江戸地震 -十九世紀後半の地震
--弘化善光寺地震/嘉永の東海地震/安政江戸地震
◇過去の災害を知る -エピローグ

読後レビュー(1件)

  • 資料を残した人々の悲しみが伝わってきた

    kao 2018/04/04

    戦国時代や幕末の大河ドラマでは、ときおり巨大地震のシーンがあります。実際はどのようなものだったか知りたくて購入しました。
    時代や場所ごとに、当時の人が残した資料などをあげながらまとめています。資料は文語体のため一部だけとりあげ、著者が考察してくれるので読みやすいです。書いた人たちの思いも紹介してくれました。
    序文は東日本大震災のことにふれて、著者や現代人の思いは当時の人々のそれと変わらないことを教えてくれます。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/02/09
『近世の巨大地震』(矢田俊文)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る