復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
1,980円(税込)

奇想天外 復刻版アンソロジー

山口雅也 編著

1,980円(税込)

(本体価格 1,800 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:18ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:34票
別冊奇想天外 10 SFファンタジー大全集
著者 山口雅也 編著
出版社 南雲堂
頁数 296 頁
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784523265634

商品内容

ジャンルを越えたエンタテインメントの極みへ!

かつて「奇想天外」という雑誌があった。
島崎博編集の「幻影城」etc. と並び立つ、曽根忠穂·小鷹信光(ミステリ)・福島正美(SF)の
エンタメ最強の編集布陣で創刊された名雑誌であった。


「奇想天外」の表紙には、毎号、SF Mystery Fantasy Horror Nonfiction のジャンルを越えた成分表示が掲げられ、中身は、そのとおりのジャンルのレッテル貼を引き剥がすかのような≪奇想天外小説≫やコラム、評論、対談がずらりと並び(1974年4月号には60cm四方の精密・日本沈没ハザードマップの付録がついていた)、どんな趣味人通人にも対応するサブカル・マガジンの役割も果たしていた。多国籍料理の★★★★(四つ星)レストラン。

エンタメ雑食派の私は、毎号、前説から奥付に至るまでむさぼり読んだものだった。しかし、第一期「奇想天外」は10号で、あえなく休刊。雑誌文化豊穣の大海の中にあって、早くも沈潜してしまった小さな≪虚ろ舟≫だったのかもしれない。

しかし、その後も「奇想天外」の悪戦苦闘は断続的に続き、版元を変えながら4度の休刊を繰り返すことになる。そして、その間も、新井素子や夢枕獏などの人気作家を輩出し、今に至るエンタメ小説花盛りの桃源郷を築き上げていった。

▼収録内容
■序文
山口雅也/曽根忠穂/島崎博

■奇想天外小説傑作集再録
「宇宙探偵小説作法」H・F・エリス
「不死の条件」ロッド・サーリング
「金星の種子」エヴァン・ハンター
「教授退場」ヘンリー・カットナー
「時空海賊事件」マック・レナルズ&オーガスト・ダーレス
「わすれない」鈴木いづみ
「シャーロック・ホームズ アフリカの大冒険」フィリップ・ホセ・ファーマー
「カッチン」大和眞也

■奇想天外漫画劇場
「ざ・まねえ」高信太郎
「アネサとオジ」高野文子
「5001年宇宙の旅」土田義雄&楽書館

■鼎談&対談
「昔のSFには謎ときサスペンスがあったけれど…。」都筑道夫×石上三登志
「SFファンはプロレス派! ミステリファンは相撲派だ!!」鏡明×瀬戸川猛資
「奇想天外新人賞選考座談会」小松左京×筒井康隆×星新一

■評論&コラム
岡田英明(鏡明)/笠井潔/団精二(荒俣宏)/筒井康隆


▼こちらもチェック
◎『奇想天外 21世紀版アンソロジー』

もっと見る

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全33件

  • タニス リーの白い魔女が読みたい! (2017/10/11)
    GOOD!0
  • 1 (2017/10/06)
    GOOD!0
  • リーさんの作品がぜひぜひ読みたいです。。。 (2010/08/24)
    GOOD!1
  • これは雑誌ですが、素晴らしい本です。
    ラインナップも超豪華。
    私はたまたま購入できて優越感に浸っていたかったので、あまり人に教えたくなかったのですが、是非知らない方に読んでいただきたく思います。
    タニス・リーの「白い魔女」の一部が読めるだけでも幸せです。
    この「白い魔女」シリーズは私が生きている間に絶対翻訳出版していただきたいです。
    まさにマニア垂涎の書と言える1冊です。 (2010/04/29)
    GOOD!1
  • 目的のタニス・リー作品をはじめ、著名な作家の聞いた事もない短篇が、目白押しではないですか!!この本の存在自体知らなかったので買わねば大損だと思います。 (2009/04/15)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!