1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『二・二六事件(須崎愼一)』 販売ページ

二・二六事件

二・二六事件

  • 著者: 須崎愼一
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 368 頁
  • ISBN: 9784642079211
  • ジャンル: 専門書
  • 価格: 3,024 円 (税込)
    (本体価格 2,800 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

ねじまげられた歴史の真実! 秘められた手記・証言が語る青年将校たちの実像とは。彼らが求めた「昭和維新」から事件の真相に迫る。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(21件)

皇道派って何だったのだろう、あのまま彼らが陸軍の主導権をとっていたら日本はどうなっていただろう、ということを最近考えさせられます。統制派ほどにはビジョンがなかったのか、あるいはもっと別の日本の在り方を企図していたのか・・ (2017/02/25)

1

二二六は軍部発の共産主義革命未遂。将校が天皇万歳とは言いながら肝心の昭和天皇自身を激怒させた、軍部をばらけさせた革命思想の危険さ、現代の平和ボケやバブルでの浮かれ気分と共通する、世界や現状を分析する警戒感が無くなったイケイケムード、日清日露と連勝して国民世論の戦争賛美を進めた朝日新聞中心のマスコミの煽り。軍内部の学歴や派閥による官僚意識による組織の硬直。 日本人の悪い部分が全開になっている、負の部分のエッセンスが高濃度に凝縮されているのが二二六だ。 復刊して後世に伝える意義は十分にあると思う。 (2017/02/06)

1

有名な事件だけど、その実態はほとんど知られていない。もし詳細がわかれば当時の実情が理解できると思う。 (2017/01/20)

0

とても全貌など掴めないと思うが、この事件のことを少しでも知りたい。 (2017/01/18)

0

2.26事件とは何だったのか、この季節になるといつも考えます。 ぜひ読みたいです。 (2017/01/17)

0

もっと見る

ニュース

2017/03/31
『二・二六事件』復刊決定!

この商品は現在ご購入いただけません。

昭和に関するQ&A

50年くらい前のマンガのタイトルを知りたい

約50年くらい前のマンガだと思います。 雑誌じゃなくて、貸本で読んだような記憶があります。 主人公は小学生くらいの女の子で、ひとりで縄跳びをしています。 33回だったか、続けて飛ぶと反世界?に移動...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る