復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
6,600円(税込)

構造としての語り 増補版

小森陽一

6,600円(税込)

(本体価格 6,000 円 + 消費税10%)

【送料無料】

配送時期:3~6日後

Tポイント:60ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:2票
構造としての語り
著者 小森陽一
出版社 青弓社
判型 A5
頁数 600 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784787292377

商品内容

文学作品の作者とは何者であり、読者とは、また何者なのか。
<作者>と<読者>の相互作用としての<書く>ことと<読む>ことを捉え返すことを通じて、エクリチュール(文字表現)の文字の連なりのなかに埋もれた意味やイメージをたどる。近代文学研究の泰斗のデビュー作を増補して復刊。

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を呼び水にして、近代小説を築き上げた二葉亭四迷の『浮雲』や坪内逍遥『小説神髄』、森鴎外『舞姫』、夏目漱石『坊っちゃん』、さらには横光利一『蝿』、にいたるまでのさまざまな作品を、クリステヴァやボードリヤール、バルトらの文学論も援用しながら多元的で重層的に読み込み、近代日本文学の<語りの構造>を解明する記念碑的な論文集。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全2件

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!