復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,420円(税込)

漱石が見た明治の庶民生活と世相

中西昭雄

漱石が見た明治の庶民生活と世相

予価 2,420円(税込)

(本体価格 2,200 円 + 消費税10%)

配送時期:2022/01/下旬

Tポイント:22ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 中西昭雄
出版社 作品社
判型 四六判・上製
頁数 256 頁
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784861828669

商品内容

庶民生活が劇的に変わる明治という時代を漱石の目を通して描く。

漱石は小説で1年前の出来事を描いた。
明治という時代の生活・世相を、同時代的に描写していた…。

漱石は小説を書く上で、ほぼ1年前の出来事を描いている。自らと読者が生きている社会・生活・世相を、同時代的に描写したのだ。明治後期とは、日本の近代化が庶民生活を劇的に変えた時代である。
本書は、この時代を漱石の目を通して描き、そして近代化する「日本社会」と「日本人」を漱石はどのように見ていたか、漱石の言う「偽物の近代」を日本人はどのように受容していったのかを描いたものである。

▼著者プロフィール
中西昭雄(なかにし あきお)
1941年、東京生まれ。京都大学卒。「アサヒグラフ」「週刊朝日」編集長を歴任。月刊誌「ペンギン・クエスチョン」を創刊。主な著書に、『名取洋之助の時代』(朝日新聞社)、『シベリア文学論序説』(寒灯舎)がある。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!