復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

ポール・ヴァレリー 新装版 1871-1945

ドニ・ベルトレ 著 / 松田浩則 訳

9,900円(税込)

(本体価格 9,000 円 + 消費税10%)

【送料無料】

amazon.co.jpにてお買い求めください

amazon.co.jpへ

※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。

お気に入りに追加

著者 ドニ・ベルトレ 著 / 松田浩則 訳
出版社 法政大学出版局
判型 四六判
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784588140143

商品内容

世紀末の象徴派詩人から、危機の時代の文明批評家へ。
ことばの魔(デーモン)の化身たるポール・ヴァレリーは、いかに20世紀フランスで最も名高き文学的偶像となったのか。
故郷南仏での知的覚醒から、パリ文学界での交友関係、女性たちとの情愛遍歴、国際情勢への参与をふくめ、精神の詩人の生身の全体像を初めて詳細に描き出した決定版評伝。邦訳版オリジナルとして、詳細な人名解説・口絵を付す。

▼著者紹介
ドニ・ベルトレ
1952年スイス生まれ。ローザンヌ大学で政治学を学んだあと、ジュネーヴ大学で博士号(文学)を取得。現在、ジュネーヴ大学・ヨーロッパ学院教授。歴史学者、政治学者。著書に、『ブルジョワの全貌--ベルエポック期のファミリーロマン』(オリヴィエ・オルバン刊、1987年)、『フランス人自身によるフランス人、1815-1885年』(同、1991年)、『サルトル』(プロン刊、2000年)、『レヴィ=ストロース』(同、2003年)、『サルトル、いやいやながら作家にされ』(インフォリオ刊、2005年)などがある。また、ゲオルグ社やラ・バコニエール社でエディターとしても活躍した。現在、インフォリオ社のコレクション・イリコの監修者を務めている。

▼訳者紹介
松田 浩則
1955年福島県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程中退。現在、神戸大学大学院人文学研究科教授。主な著・訳書に、『ポール・ヴァレリー『アガート』--訳・注解・論考』(共著、筑摩書房、1994年)、 J.ロビンソン=ヴァレリー『科学者たちのポール・ヴァレリー』(共訳、紀伊國屋書店、1996年)、ミシェル・トゥルニエ『海辺のフィアンセたち』(紀伊國屋書店、1998年)、『ヴァレリー・セレクション』 (共訳、 上・下、 平凡社、 2005年)、『ヴァレリー詩集 コロナ/コロニラ』(共訳、 みすず書房、2010年)、『ヴァレリー集成6 “友愛”と対話』(共編訳、筑摩書房、2012年)などがある。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!