復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

74

投票する

善良な兵士シュヴェイクの冒険

善良な兵士シュヴェイクの冒険

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 74

著者 ヤロスラフ・ハシェク
出版社 岩波書店
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784003277317 9784003277324 9784003277331 9784003277348
登録日 2002/01/05
リクエストNo. 7214

リクエスト内容

チェコの作家ヤロスラフ・ハシェク(1883-1923)の作品です。
間抜けな(というよりは愚直な)兵士のシュヴェイクが騒動を起こし、上官や周りの人を巻き込んでいく話です。
イジー・トルンカが人形アニメーション映画を製作しました。
"Osudy dobreho vojaka Svejka", Jaroslav Hasek
※正しい書名は「兵士シュヴェイクの冒険」ですが、映画の題名が「善良な兵士シュヴェイク」なので、どちらの題名でも検索できるように「善良な兵士シュヴェイクの冒険」としました。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全74件

  • 「シュベイク」を知ったのは、春江一也「プラハの春」を読んだ時。さんざん探しまわって、やっと古本で見つけました。
    でも、できるだけ多くの人に読んでほしいので、復刊を希望します。
    もちろん、復刊されれば、私も買いますよ! (2006/05/26)
    GOOD!1
  • ブレヒトの戯曲に、トルンカの映像化。前世紀には、チェコも様々な苦難に与った事でしょう。その中でも大切に受け継がれた作品。きっと、私たちの世代にも沢山のファンを生むはずです。是非、栗栖先生の邦訳で復刻を待ちます。 (2005/12/30)
    GOOD!1
  • ひょんなことで昨年プラハを訪問して以来チェコの文化に興味を持ちました。カフカ,チャペックの書籍は数々ありますが,ハシェクの書籍が読めないのは残念です。石川達夫さんが書かれた「プラハ歴史散策」の中でヨゼフ・ラダが描いたシェヴェイクの挿絵を見て,その想いがますます募りました。ぜひ復刊を!! (2005/09/27)
    GOOD!1
  • 本書については色々コムズカシイことが言われているが、日本人の私が読む分にはどう読んでも「お侍さんをおちょくり倒す町民」がヒーローの落語にしか読めない。
    もちろん、本作が書き始められた時代は、ストレートに体制批判しようものなら本は発禁、著者は監獄行きを覚悟しなければならない時代であったから、セーブがかかっているのだが、もういい加減その方向からの文学紀行から離れても良かろう。本作が、ただそれだけのために書かれたものではないことは、今現在自由を謳歌しているチェコ人から相変わらず愛好されていることを指摘すれば事足りるはず。

    戦時統制下であってすらユーモアをかかさない、チェコ人のタフな笑いの精神にあふれた楽しい本。それが本書である。 (2005/08/18)
    GOOD!1
  • 現在チェコに駐在中。ガラスの置物、パブの看板のモデルになっている
    シュヴェイクに興味を持ち英語版(PENGUIN BOOKS)を購入。大変
    おもしろい。偶然、チェコ語版も友人からプレゼントされ、是非、日本語
    が欲しくなりました。現地の人から”シュヴェイク”はチェコ人の無責任さ
    のシンボルという話を良く聞きますが、小生はむしろ、痛烈且つ痛快なパロディー小説として愛読しています。挿絵も面白く、日本語版が
    復刻されれば、近年の中欧(チェコ、ハンガリー、オーストリー)旅行ブームと
    相まって、そこそこに売れるのではないかと思います。小生もチェコ
    駐在中にはシュヴェイクが彷徨したチェコ南部をドライブしようと思っています。 (2004/05/31)
    GOOD!1

もっと見る

NEWS

  • 2008/06/25
    復刊!ハシェク 栗栖 継 訳『兵士シュヴェイクの冒険 1~4』

  • 2002/01/05
    『善良な兵士シュヴェイクの冒険』(ヤロスラフ・ハシェク)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!