1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『リーリーとシンシン(中国パンダ保護研究センター 日本パンダ保護協会 編著)』 投票ページ

リーリーとシンシン

  • 著者:中国パンダ保護研究センター 日本パンダ保護協会 編著
  • 出版社:二見書房
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2018/01/13
  • ISBNコード:9784576110608
  • 復刊リクエスト番号:66281

得票数
56票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

上野動物園のパンダ二頭リーリーとシンシンの幼少期からの姿を飼育員が撮影した写真と育児日記。

復刊ドットコムスタッフ

2011年に上野動物園に来園した2頭のパンダ、リーリーとシンシンの写真集です。2011年刊。飼育員自ら撮影した、赤ちゃんの時からの愛らしい写真と育成日記が収録されています。
リーリーとシンシンの子 シャンシャンの人気もあり、一度読んでみたいと多くのリクエストが寄せられています。


投票コメント

シャンシャンが生まれて、パンダに、興味を持ちました。 この本がある事を知って探したら、すでに廃刊でした。SNSなどで調べたところ、図書館にある!という情報を得て読むことができました。手元に置いて、何度も読み返したいと思いました。 シャンシャンの両親のリーリーとシンシンが子供時代を過ごした中国での貴重な写真やエピソードがいっぱいのこの本を、ぜひ復刊させていただきたいです。 (2018/06/17)

6

今では手に入らないと知り、図書館で借りて読みました。中国で過ごしていた頃のリーリーとシンシンの愛らしい写真が盛り沢山で素晴らしい内容です。何度でも読み返したいこの貴重な本の復刊を希望しています。どうかよろしくお願いいたします。 (2019/02/15)

3

明

シャンシャンのせいでパンダにはまり、リーリーとシンシンももれなく好きになり、関連書籍を探していたところ本書を知りました。 地元の図書館にてお借りして拝見しましたが、リーリーとシンシンの赤パン時代~上野のへ来る直前までの写真、二頭を育てた方によるエピソードなど、どのページも貴重なものとなっています。 是非手元に持っておきたい一冊です。また、リーリーとシンシンが好きだけど図書館などで借りれない(近場の図書館に無い)方にも是非見ていただきたい一冊となっています。きっともっとリーリーとシンシン…パンダが好きになります。 是非是非復刊をお願い致します。 (2018/08/25)

3

シャンシャン誕生をきっかけにパンダに興味を持つようになりました。現在に至るまでのリーリーとシンシンについても知りたいと思うので、ぜひ読んでみたいです。 (2018/05/28)

3

上野動物園に待望の赤ちゃんパンダシャンシャンが生まれて可愛い盛り絶賛成長中 。両親のリーリーとシンシン二頭は東日本大震災少し前にやってきて あまり知らないままだったので今回改めて報道等見て素敵なパンダが来てくれたなあと思いました。本書「リーリーとシンシン」は日本パンダ保護協会サイトから2019年3月24日まで期間限定注文できるとのこと。が、これからのパンダファンの方のためにも一般書店での復刊希望いたします。 (2018/01/13)

3

もっと見る

新着投票コメント

シャンシャンをきっかけにリーリーとシンシンの事が知りたくなり図書館で借りました。幼い頃のエピソードや写真がたくさんあり、とてもステキな本です。復刊を期待しております。 (2019/03/07)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/02/08
『リーリーとシンシン』が50票に到達しました。
2018/08/25
『リーリーとシンシン』が10票に到達しました。
2018/01/13
『リーリーとシンシン』(日本パンダ保護協会 (編集),‎ 中国パンダ保護研究センター (編集))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

動物に関するQ&A

耳の長いピンク色の犬が泥棒に連れ去られた友達を助ける話

【⠀いつ頃の本か 】→私が幼稚園生の頃に読んでいた本で、2005年頃だったと思います 【⠀覚えてる本の内容⠀】→耳の長い動物(確か犬だった気が…)泥棒もしくは強盗のような人となにかアクションを起こす...

TOPへ戻る