1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『アカシア(クロード・シモン)』 投票ページ

アカシア

  • 著者:クロード・シモン
  • 出版社:白水社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/11/12
  • ISBNコード:9784560045848 9784560084038
  • 復刊リクエスト番号:6491

得票数
36票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ノーベル文学賞受賞のクロード・シモンの自伝小説。

投票コメント

ロブ=グリエの『消しゴム』は新訳が出ました。 クロード・シモンの『農耕詩』も芳川泰久訳が出ました。 ヌーヴォーロマンの復権が強く感じられる今日、『三枚つづきの絵』や『アカシア』が手に入らないというのはあまりにも悲しい。 白水社さん、どうかがんばって下さい。 小説好きの読者に、ほんとうにおもしろい小説を読める機会を与えて下さい。 (2013/11/23)

1

フランスというと、すぐパリを想起するが、本当は農業が盛んな、広大な田園地帯から成る国である。シモンの小説の多くは、その田園地帯とそこに生きる人間を、自らの体験を基にうねるような濃密な文体で描写している。1995年に『アカシア』の日本語版が刊行された時、松浦寿輝は書評で「いつまでも続く甘美なめまい」と表現した。生々しくも野蛮でかつ繊細きわまりないシモン節は、一度その魅力を知ったら病みつきになってしまうこと必定である。その証拠にわたしは年に数回は、本作や『フランドルへの道』『草』『三枚つづきの絵』『歴史』などのどれか一冊を本棚から取り出して、適当に開いたページをゆっくり読みかえすのが癖になってしまったのだった。 (2010/04/10)

1

ヌーヴォーロマンというのは、ロブ=グリエも言うように、新しい小説を求めた前衛的な運動であり、スタンダールのように書くことはできない近代の小説家がいかにして、みずからの新しいスタイルーエクリチュール、記憶、物語ーを創りあげたかを知るためのテクストとして、あるいは単純に快楽として、読むことができる。だが、じっさいに読者はいま容易に彼らの足跡をたどることができないし、あろうことかクロード・シモンのきわめて感動的なこの小説もまたこの悲劇をまぬがれていない。 (2003/02/18)

1

いつまでたっても復刊されないので古本屋で手に入れてしまいましたが、作品が長い分(?)シモンにしては比較的読みやすいほうだと思いました。いきなり『フランドルへの道』や『歴史』から読むと、シモンを敬遠する人も出てくると思います。その点、『アカシア』はシモンの入口として最適かもしれません。 (2002/10/06)

1

20世紀後半最大の作家クロード・シモンの代表作の一つ。ぜひ復刊を。 (2013/07/29)

0

もっと見る

新着投票コメント

クロード・シモンの中でも重要な作品が手に入らない状況は悲しいです。 図書館で一度読んだことがあり、とても面白かったため、手元に置いておきたいと思いました。 買おうと思ったものの、プレミアがついていて手が出せません…。 ぜひ復刊よろしくお願いいたします。 (2014/01/17)

1

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • アカシア 新装版

    アカシア 新装版

    在庫僅少

    【著者】クロード・シモン 著 / 平岡篤頼 訳
    【発送】3~6日後

    精緻きわまりない究極の<私小説>は、父の遺骨探しの旅から始まる。 過去・現在・未来が相互嵌入式に複雑に重なり合いながら言...

    3,888 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/08/22
『アカシア 新装版』復刊決定!
2001/11/12
『アカシア』(クロード・シモン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る