復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

2

投票する

小児科診察室 シュタイナー教育・医学からの子育て読本

小児科診察室 シュタイナー教育・医学からの子育て読本

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 2

著者 ミヒャエラ・グレックラー/ヴォルフガング・ゲーベル
出版社 水声社
ジャンル 実用書
ISBNコード 9784891766108
登録日 2017/02/24
リクエストNo. 64751

リクエスト内容

乳児期から青年期まで、「教育と医学のつながり」から子どもの発達の全体を支える新しい育児書。
初版刊行以来20年以上ロングセラーを続け、数多くの言語に訳されて世界中のお母さん、お父さんたちに読みつがれてきた。子ども一人ひとりの「私らしさ」を育てる新・定番の育児読本。

第一部 子供時代の病気(痛み・発熱とその処置・呼吸器の病気・嘔吐、下痢、便秘・アレルギー・よく知られた感染症・病気の意味について・病気をめぐる特別な問題・病気の予防と健康の促進)
第二部 健やかな健康のための基本条件(生後数か月の子育て・乳児期から幼児期へ・乳児期の栄養・子どもの発達と社会環境・(家族をつくる)ということ
第三部 教育をとおしての健康(教育をとおしての健康・予防医学としての教育・(教育)のしかたを学ぶには?・(意志)の教育・睡眠障害、その他の問題・学校問題・子どもの気質を見分け育てる・なぜ子どもに宗教教育が必要なのか?・性教育・依存症を理解する・メディアと子どもたち・環境の有害物質と放射能

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全2件

  • 友人に教えてもらい、とても素晴らしい本だということで読んでみたいです* (2017/03/28)
    GOOD!1
  • 今までにはない観点からの育児書で、私も子供が乳児であたふたしている時期に出逢いたかった本ですが、子どもが幼児、青年へと向かう今も大切なことが沢山記されていて、手元に欲しいと願います。そして、子育て期のお母さん、特に乳幼児の新米ママにも、沢山の方々の家庭の一冊になってほしいと願います。

    母親ができる病気への対応、そして病気の意味について、沢山、なぜなぜ?と子育て中に思ってきたことの内容が書かれています。病を見てさらにその子を観るということも。 (2017/02/24)
    GOOD!1

読後レビュー

全1件

  • 増補改訂版出版されました

    小児科診察室シュタイナー教育・医学からの子育て読本(増補改訂版)ISBN:978-4-8010-0165-7 C2077 水声社より7月25日発売されました。
    乳幼児期から青少年期まで「教育と医学のつながり」からこどもの発達を心身ともに支える新しい育児書。原題『小児科診療時間』15版の全訳に18版より「携帯電話と電磁波スモッグ」「未来のための同盟」をあらたに追加し「予防接種」の項は現状にあわせて修正をほどこした増補改訂版。 (2017/11/15)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2017/02/24
    『小児科診察室 シュタイナー教育・医学からの子育て読本』(ミヒャエラ・グレックラー/ヴォルフガング・ゲーベル)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!