復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

3

投票する

電磁波の物理

電磁波の物理

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 3

著者 清水忠雄
出版社 朝倉書店
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784254135855
登録日 2017/01/15
リクエストNo. 64520

リクエスト内容

電磁波の放射の過程を、マクスウェル方程式から丁寧に解いていき、加速された荷電粒子が作る電場や磁場を非常に丁寧に導いている。具体的には、遅延ポテンシャルの導出、遅延ポテンシャルから、観測点の座標と荷電粒子とともに動いている座標との微分関係式の整理にをした後、動いている荷電粒子が観測点に作る電場・磁場を導いている。これほどていねいな記述は、他の和書・洋書を見ても並ぶものがない。電磁波の物理は、電磁気学を一通り学習する人が最後にぶち当たる難所の一つであり、これを明解に解説している得難い一冊。全体構成は、電磁波の基礎的性質・境界条件などの取り扱う章から始まり、2章・3章で電磁波の放射を、4章で特殊相対論と電磁波、5章6章で電磁波の量子化をとりあつかっっている。この本は、電磁波の放射の詳しい解説が最大の特徴であるが他の部分も、重要項目を凝縮してあり、何度も読み返し、吟味していく価値のある本である。また、電磁波が関連する分野は広く、物性・天文・宇宙物理など幅広く、専門基礎として、また、学部3年くらいで電磁気学の応用コースに入って挫折しかけている人のための救いの一冊になるであろう。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全3件

  • 電磁気学の本は数え切れないほど出版されています。
    しかし、電気双極子・四重極放射や磁気双極子放射、運動する電荷からの電磁波の放出を扱っている和書は極めて少ないのが現状です。

    この本はその中でも特に記述が丁寧で、電磁気学の基礎が理解できていれば、スムーズに読み進めることができる学習者にとって貴重な本です。

    これ以上に詳しい本を読むにはかなり古い和書か、洋書を探すしかないと思います。

    出版社に問い合わせたところ、すでに在庫はなく、近々に再版の可能性も無いとのことでした。大学や近隣のの図書館から借りて読むしかありません。

    復刊への働きかけをお願いいたします。 (2017/09/25)
    GOOD!1
  • ぜひ読んでもらいたい本として、図書館に購入希望を出したいと思っている。私自身は、所有して、少しづつ読み進めている状態であるが、この本が再び世に出ることによって、電磁波の理解が深まることは間違いないであろう。この、価値ある本をぜひ復刊していただきたいです。 (2017/01/15)
    GOOD!1
  • 学生時代に図書館で一度読み、コンパクトながらも式の導出が丁寧で、わかりやすかった記憶があります。

    もう一度じっくりと読み直したいと思い、復刊を希望します。 (2021/03/12)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2017/01/15
    『電磁波の物理』(清水忠雄)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!