1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『数学基礎論シリーズ(数学基礎論へのいざない/入門数学基礎論/公理論的集合論/モデルの理...』 投票ページ

数学基礎論シリーズ(数学基礎論へのいざない/入門数学基礎論/公理論的集合論/モデルの理論/逆数学と2階算術/帰納的関数と述語/超準解析とファインマン経路積分)

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

『数学とは論理的であり、厳密である。』
この様な言葉を信じて数学を学んでいる人も多いと思う。
それでは、如何なる理由を以て、その数学の論理や厳密性が言えるのか。
この問いに端を発し、誰もが名前は聞いたことがあるであろう「ゲーデルの不完全性定理」に代表される華々しい結果を提示した数学基礎論。
その数学基礎論の初歩から先端的な話題までを、薄い中に解り易く解説した良シリーズである。
最近では不完全性定理の著名度故か、基礎論の解説書も増えたように思われる。
しかし、その中であっても、本シリーズは著述の明快さと詳しさの点で優れていると思われ、現在に於いても一読する価値は高いと考える。
復刊を強く希望する。

投票コメント

amn

amn

『モデルの理論』はモデル理論の深い内容を扱った唯一の和書。『帰納的関数と述語』はヒルベルトの第10問題、ブラムの抽象計算量、チューリング次数の一階理論の非実効性など、他の計算論のテキストには見られない興味深いトピックが扱われている。 追記:スティルウェル『逆数学』(田中一之監訳・河辺治之訳)の監訳者解説によると、『逆数学と2階算術』及び『数の体系と超準モデル』の内容を合わせたようなテキストが裳華房から出版予定とのこと。 (2019/01/20)

2

いかなる論理を以て数学の証明は成されるべきか。 また、そもそも数学はどのように記述されるべきか。 このような疑問から数学基礎論に興味を持ち、様々な文献にあたっていく過程で本シリーズの存在を知ったが、既に絶版のようであった。 図書館で読んだ所、類書の中では、一冊が非常に薄いにも拘わらず、その内容量は遥かに多い事に驚いた。 是非座右の書として、更なる学習に役立てたい。 (2014/03/07)

2

リクエストの有効期限は1年なのでみなさん更新しましょう!!! ▷更新の手順◁ 1. 復刊コムにログイン 2. マイページを開く 3. 『リクエスト投票一覧』をクリック 4.『有効期限を延長する』をクリックで更新完了です このシリーズは良いと聞いた。 数学基礎論へのいざない/入門数学基礎論//帰納的関数と述語 の3冊を復刊してほしい。 (2017/08/14)

1

そのうち買おうと思っていたら絶版になっていた 基礎論関係の書物は全体的にそれほど多くはないので復刊を期待する (2014/07/03)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/03/07
『数学基礎論シリーズ(数学基礎論へのいざない/入門数学基礎論/公理論的集合論/モデルの理論/逆数学と2階算術/帰納的関数と述語/超準解析とファインマン経路積分)』(倉田 令二郎 (監修))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

科学・技術に関するQ&A

全巻並べると、背表紙に虹

30年ほど前に、実家にあり、愛読しておりました。 なかなか、探しても見つからず、困っています。 動物や、人体や、未来、12館ほどあったと思います。 全巻を、順番通りに並べると、虹があらわれ...

TOPへ戻る