1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『アフリカゾウ りこうでおとなしい猛獣(神戸淳吉)』 投票ページ

アフリカゾウ りこうでおとなしい猛獣

  • 著者:神戸淳吉
  • 出版社:ポプラ社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2013/06/19
  • 復刊リクエスト番号:57957

得票数
6票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

多摩動物公園で、アフリカゾウのグループ飼育を創始した中心人物・佐藤節雄さんに取材した児童向けノンフィクション。その誠実な取材力で、飼育の営みを描いた、数少ないモノグラフと成り得ている。

投票コメント

要旨にあるように、飼育の営みを、単なる心情的な物語としてではなく、技術に裏付けられた地道な活動として描いている点で、記録性が評価されるモノグラフとして成立している。愛がなければ動物を飼う資格はないかもしれないが、愛だけで飼えるはずもない。それは、「他者」が問題となる、ほぼすべての局面に当てはまることなのではないか?子ども向けではあるが、いや、子どもたちにこそ、是非とも伝えたい、世界への向き合い方を、静かに教えてくれる先達の書と考えます。 (2013/06/19)

1

生物の飼育というものを正しくわかり易く伝えることが出来ている数少ない書籍だから (2013/06/19)

0

Facebookで紹介されていてずっと読みたかった本です。よろしくお願いします(^_^)/ (2013/06/19)

0

子供たちに想像力を。 (2013/06/19)

0

知人の話に共感したため (2013/06/19)

0

もっと見る

新着投票コメント

大好きな多摩動物園の象たち。そして今、野生の象たちがいろいろな危険にさらされています。象たちの魅力を知っていただき、たくさんの人々に象の魅力を知っていただきたいと思います。 (2013/06/20)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(1件)

  • 復刊付録がつくのなら

    ゆみん 2013/06/19

    著者の御子息で、野生のアフリカゾウの保全に尽力する神戸淳平さんの解説があれば、21世紀にふさわしい「新作」となるでしょう。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/06/19
『アフリカゾウ りこうでおとなしい猛獣』(神戸淳吉)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

動物に関するQ&A

耳の長いピンク色の犬が泥棒に連れ去られた友達を助ける話

【⠀いつ頃の本か 】→私が幼稚園生の頃に読んでいた本で、2005年頃だったと思います 【⠀覚えてる本の内容⠀】→耳の長い動物(確か犬だった気が…)泥棒もしくは強盗のような人となにかアクションを起こす...

TOPへ戻る