1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『数のふしぎ・形のなぞ (少年少女ものがたり百科10)(宮下正美著、矢野健太郎解説)』 投票ページ

数のふしぎ・形のなぞ (少年少女ものがたり百科10)

  • 著者:宮下正美著、矢野健太郎解説
  • 出版社:偕成社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2012/09/03
  • 復刊リクエスト番号:55891

得票数
11票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

たくさんの子どもを、数学好きにさせたと言われる本。

「大学への数学」で有名な栗田哲也さんも著書で触れています。

「発想力を身につけるには、ちょっとした発送の詰まった面白い本などを読むのもよいだろう。私は小学校三年生の頃、『数の不思議形の謎』という本(現在絶版)を読んで、あまり面白かったものだから、今でもその内容の大部分を覚えている(お化け煙突とか地球の鉢巻とかね)。こういう、子どもの時期に印象に残る本を読むのは大変によいことだ。」(『数学に感動する頭をつくる』栗田哲也、ディスカバートゥエンティワン、p197)


webでこの本について書かれたものを見たことはありますが、
実際に本を見たことはありません。

投票コメント

読書嫌いの私が、中学年の時に貰って以来繰り返し繰り返し読んだ本です。今も手元にありますが、何せ古く今やボロボロです。それでも小5の息子に読ませたら夢中になって一気読み。自主学習で自分の家のリビングを測りキャラメル問答を提出したら、担任の先生もかなり面白がっていました。 是非、学校の図書室や図書館にも置いて欲しい本です。もちろん復刊したら買いますよ、私も。 (2014/06/20)

1

この本のことを、ブログに書いていた方がいて思い出しました。私自身は算数からすでにテスト結果が苦手な子のそれでしたが、この本のおかげて高3まで授業は楽しかったし(指名されなければ)好きでした。ぜひ子供に読ませたいです。 (2013/12/15)

1

ryu

ryu

幼少時、親戚から頂いた大量の蔵書の中にこの本があった。読んだのは小学校低学年の時だったと思う。とても気に入り、何度も読み返した記憶がある。小学校・中学校・高校と算数・数学だけは本当に好きだったのは、半分くらいはこの本に出会えたおかげかなと思う。そして、父親となった今、子供に読んでもらえればと思う。 (2013/03/10)

1

小学生の時に読んでいろいろなことを学びました。子供や孫に読ませたい本です。 (2018/09/01)

0

子供に読ませたい本ですが、残念ながら絶版になっているそうです。 (2018/07/15)

0

もっと見る

新着投票コメント

小学校五年生のときに学校の図書館から借り出してから、延長延長で卒業まで手元に置いてました。この本がなければ、今の自分はないと言い切れるほど、数と形への好奇心を育てていただきました。 21世紀の子供たちにも、ぜひ引き継ぎたい本です。 (2018/09/18)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/09/01
『数のふしぎ・形のなぞ (少年少女ものがたり百科10)』が10票に到達しました。
2012/09/03
『数のふしぎ・形のなぞ (少年少女ものがたり百科10)』(宮下正美著、矢野健太郎解説)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

TOPへ戻る