1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『ふたつのたいようとほしくずのパン(松村雅子 作 / 松村太三郎 絵)』 投票ページ

ふたつのたいようとほしくずのパン

  • 著者:松村雅子 作 / 松村太三郎 絵
  • 出版社:ひかりのくに
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2009/05/23
  • 復刊リクエスト番号:46804

得票数
53票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

町外れに新しくできた小さなパン屋さんが大繁盛

それをよく思わない大きなパン屋さんが王様に

「あそこのパンはウリの店のパクリニダ!」

と言って投獄


投票コメント

友人と小さい頃に読んで印象に残っている絵本について話していたところ、友人があげたのがこの本。なんか聞いたことあるタイトル・・・と思って調べてみると、私も知っている絵本。星くずのパンと聞いて、口の中に星くずが広がる感じを思い出したくらい、私も印象に残っている絵本です! (2017/10/30)

2

子供の頃、何度も読み返してボロボロになるほど大好きだった本です。子供心に、どんな味がするんだろう……と想像を膨らませました。 私の子供が1年生で絵本の読み聞かせが大好きなので、ぜひ読み聞かせてあげたいと思っています。 (2016/09/14)

2

星くずを入れるシーンが大人になっても忘れられません! (2015/01/18)

2

小さな頃、父が毎日のように読んでくれたたくさんの絵本のなかで、特に覚えている大好きな本の中の一冊です。今でも父が読んでくれた声と、王様がパンやさんの作ったパンを食べたときに自分も「やった!」と嬉しくなった気持ち、パンの味を想像して楽しかったことを思い出し、あたたかい気持ちになります。今は自分が保育士になり、毎日子どもたちに絵本を読む側になりました。子どもたちに是非読んであげたいので、復刊を希望します。 (2018/04/12)

1

幼稚園のころ大好きだった本です。 この本がきっかけでパンが大好物になりました。 パン屋さんに行っては「ほしくずが入ったパンはないかな?」と探していました。 今でもパン屋さんめぐりが大すきです。 江國香織さんが訳されている「おひさまパン」を読んでいて、ふとこの本を思い出しました。 題名も思い出せず、内容もおぼろげでしたが「パン、ほしくず、王さま」とキーワードが思い浮かび、探したところ廃盤…。 もう一度読みたいです!こどもにも読んであげたいです! (2018/03/14)

1

もっと見る

新着投票コメント

今、小学生の娘と話していたらこの本を思い出し、調べていたらもう無いと知りました。パンで星屑を取るシーンがとても印象的で星が好きな娘に是非読ませてあげたい本です‼︎あぁ、懐かしい‼︎ (2018/07/02)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/04/12
『ふたつのたいようとほしくずのパン』が50票に到達しました。
2011/08/07
『ふたつのたいようとほしくずのパン』が10票に到達しました。
2009/05/23
『ふたつのたいようとほしくずのパン』(松村雅子 作 / 松村太三郎 絵)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

絵本に関するQ&A

絵本のタイトルを探しています。

27・8年くらい前に、小学校の図書室で読んだ本のタイトルを探しています。 横長でA4位の大きさで、内容が本当にうろ覚えなのですが、じゃじゃ馬な女の子がお母さんにおこられた後位に、異世界に行って冒険をす...

TOPへ戻る