1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『講談社 遠藤周作文庫(全51冊)(遠藤周作)』 投票ページ

講談社 遠藤周作文庫(全51冊)

  • 著者:遠藤周作
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/04/28
  • 復刊リクエスト番号:3766

得票数
37票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

昭和49年7月「日本初の文庫版による完全個人全集」と銘打たれ、講談社より刊行が始まった。
純文学作品(A)評論・翻訳・戯曲(B)中間小説(C)エッセイ・紀行(D)と分類され、最終的には、別巻を合わせて全51冊となる。当初の計画から収録作品・巻数の変更がみられた。
当時の文庫本とは異同、未収録作品も収録されており、今日では絶版となっている中間小説も相当数収録されている。

投票コメント

読者好きの父の影響で本を読み出して、まず遠藤周作の作品をオススメされて、今いろいろなものを読んでいます。父が特にすすめる作品はどれも絶版のものばかりなのでなかなか手に入らないので、復刊して頂ければ嬉しいです。 (2018/01/06)

1

大人になってようやく遠藤周作の良さに気づいたのに、自分が時代より遅く生まれたがために読めない作品がたくさんあるなんて悲し過ぎる…。数冊は縁あって手に入り、その他も自力で古本屋を巡って探してみますが、復刊されるのであればぜひ新品を所有したいです。混迷する現代にこそ、遠藤周作の作品が必要だと思います。 (2013/05/30)

1

中学の時だったかなぁこの本買ってたの。文学っていうか小説っていうか まだよく理解できない層でありながら、果敢に読んでいました。そんな少年ももう50代へいま少しで突入です。 当然ながら当時の本は散逸してありません。 吉川英治文庫を吉川英治歴史文庫として刊行している講談社。 遠藤周作現代文庫なんてのはどうでしょう。復刊好期待! (2009/12/19)

1

ハードカバーの新全集の発行が終わったのですから、 今度は文庫全集を再刊してほしいと思います。 昔のものを数冊もっておりますが、 既存文庫に掲載されていない作品もあるなど、 非常に貴重なものだと思います。 没後10年を経た記念として、ぜひ復刊を希望していきましょう。 (2007/03/27)

1

私が今持っている本は遠藤周作文庫のものです。借り物なのですが、どうしても自分のものとして購入したいと思っております。私は19ですが、遠藤周作のファンで、こんな理想的な文庫がでたらとっても嬉しいです。是非復刊してください。 (2004/01/21)

1

もっと見る

新着投票コメント

新潮社の全集では、わずかしか読めないので。 出来れば、文庫でも良いので、「遠藤周作、全著作集」を企画して欲しい! (2018/03/08)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2001/04/28
『講談社 遠藤周作文庫(全51冊)』(遠藤周作)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る