復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

2

投票する

狂言をたのしむ

狂言をたのしむ

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 2

著者 小林責
出版社 平凡社
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784582810332
登録日 2006/07/28
リクエストNo. 34735

リクエスト内容

古人は狂言を、「よき人のよき笑い」といった。おおらかな笑い、子供の白紙の心が生み出したような無邪気な笑い。そして斬新・奇抜な着想。それらは古典芸能というより、現代喜劇と呼びたい新鮮さだ。大名、太郎冠者、女、座頭、そしてアウトローの博奕打や異形の鬼へも、温かい眼差しを注いでいる。狂言は乱世群像を通じての人間讃歌である。

狂言研究家の小林責(こばやし せき)氏による狂言案内。単なる解説書の枠を超え、狂言が現代人の生活に共通する側面などについても考察された、優れた書籍です。名家、茂山千五郎家についても頁を割かれ、現在の同家と比較できるのも興味深く、資料としても貴重なものです。写真は佐藤明、増田正造、今駒清則、秋山忠右、佐藤晴雄、美谷島醇、金子桂三、吉越立雄、清水啓二氏が担当。平凡社カラー新書33として1976年出版。152頁、定価は550円。

登録者の評価★★★★★★★★★★

【目次】

◇カラー版8頁:“をかし”の表情

■六百年の冷遇に耐えて
狂言は兄、能は弟 戦後一時に花開く

■幽玄の上類の“をかし”
性の笑いを洗い落とす 風刺の牙を抜かれる 割り切れた爽快さ

◇カラー版24頁:乱世群像
下克上する成出者 棒縛 わわしい女 したたかに生きる 心直ぐにない人びと 賣僧のなりわい 異形のもの

■動乱の社会に、生き、笑い、泣く
召し使う者はただ一人 女三界に家あり 鬼神に横道なし 法華も弥陀も隔てはあらじ わが世の中は真っ黒に 博奕のはては盗みになる

◇カラー版24頁:面と肩衣

■このあたりに住まい致す者
某日、某所、ある男が 存ずる仔細あって

■孤立無援の芸
無限の舞台装置 声に驚く

◇カラー版8頁:狂言四代

■猿に始まって狐に終わる
初舞台は猿 孤独の舞台に耐える 三番叟百日稽古 卒業論文・狐

■現行曲のすべて

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全2件

  • 興味あり。 (2006/07/31)
    GOOD!0
  • 素晴らしい狂言入門書です。「狂言百番」とともに復刊して欲しい。また、その際には写真製版を向上させて欲しい。 (2006/07/28)
    GOOD!0

NEWS

  • 2006/07/28
    『狂言をたのしむ』(小林責)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!