1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『魔法のお店(荒俣宏/編)』 投票ページ

魔法のお店

  • 著者:荒俣宏/編
  • 出版社:筑摩書房(ちくま文庫)
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/04/09
  • ISBNコード:9784480023469
  • 復刊リクエスト番号:33394

得票数
9票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

”お店”にまつわる奇妙な短編を15編あつめたアンソロジー。

収録作:
アンデルセン「マッチ売りの少女」
R.A.ラファティ「われらの街で」
稲垣足穂「星を売る店」
H.G.ウェルズ「謎の水晶」
ウォルター・デ・ラ・メア「奇妙な店」
ハーヴィ・ジェイコブズ「おもちゃ」
ヤン・ヴァイス「マルツェラン氏の店」
H.G.ウェルズ「魔法の店」
A.E.コッパード「ピフィングカップ」
シンシア・アスキス「かどの骨董店」
ジュール・ヴェルヌ「ザカリウス親方」
H.S.ホワイトヘッド「お茶の葉」
フランク・オーエン「支那のふしぎな薬種店」
クリスチーナ・ロゼッティ「小鬼の市」
ジョン・コリア「瓶の中のパーティ」
エルゼ・ラスカー・シューラー「白いダリア」

投票コメント

「店」と言うのは、もしかしたら、どこかへの「入口」なのかも 知れない。 そして「入口」は、しばしば、不思議で、無気味な のかも知れない。 それ故、人を魅了して止まないのかも。 あ る意味では、当サイトも「魔法のお店」的です。 (2006/04/10)

1

見慣れた町を歩いている途中、今まで気づかなかった店が突然目に入ってくることがあります。この本を読むと、魔法のお店は実在すると思えてくる!読後も幻想の世界が続く、非常に魅力あるアンソロジーです。 (2012/02/25)

0

タイトルを読んだだけですが、とても面白そうですので。 (2011/01/27)

0

若い時このアンソロジーで稲垣足穂を初めて読んだ。 後々の嗜好に影響を与えた個人的に思い入れの強い一冊。 書「店」の棚で手に取りたい。 (2009/03/30)

0

すてきな短篇集です。ぜひ復刊していただきたいです。 (2009/02/12)

0

もっと見る

新着投票コメント

面白そうだったので (2015/04/05)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/04/09
『魔法のお店』(荒俣宏/編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る