復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

38

投票する

秘密機関長の手記




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 38

著者 シェレンベルク著/大久保和郎訳
出版社 角川文庫
ジャンル 専門書
登録日 2006/02/13
リクエストNo. 32626

リクエスト内容

ナチス親衛隊(SS)の国家保安本部(SD)に所属した少将ヴァルター・シェレンベルクによる回想録。
本作は仏語版を日本語訳したもの。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全38件

  • 学生時代に探し回った本です。7〜8年かかって古本屋で5000円ほどで入手しました。現在は数万単位の値段がつけられており、読みたいと思う人の手にはますます届きにくくなっていると感じます。

    調べ物を終え、しまい込むよりは次の人へと思い手放した本ですが、もう一度読んでみたいと思います。
    (翻訳の際に省かれた部分の追加もできれば…!) (2017/08/18)
    GOOD!1
  • 『ウインザー公掠奪』を読んでいたところ、訳者あとがきにこのシェレンベルクの回顧録のことが出ていたため読みたくなり、Amazonで探したところ中古も取り扱っていない状況でした。
    中古があったとしても相当な値段でしょうから、ぜひ復刊してもらって入手したいです。 (2014/04/15)
    GOOD!1
  • 以前からドイツ史に興味がありました。
    シェレンベルクやハイドリヒに関する本を探してこの本に辿り着きましたが、絶版で手に入りません。
    第二次大戦時のドイツを研究する上で貴重な資料だと思います。
    復刊を希望します。 (2014/03/31)
    GOOD!1
  • ねもと章子さんの<レートル・シリーズ>に出てくるシェレンベルクが、とても素敵でした。
    また、ジャック・ヒギンズ(ハリー・パタースン)の『ウィンザー公掠奪』や『鷲は飛び立った』のシェレンベルクも、素敵でした。
    最近、ココ・シャネルとも愛人関係があったらしいと知り、驚愕しています。
    話題になっている『HHhH』にも出ているのでしょうか・・・? (ラインハルト・ハイドリッヒの子飼いの部下だったから)
    彼について、興味を抱くのは必然です。 完全版で、ぜひ! (2013/10/05)
    GOOD!1
  • ナチスドイツ当時の諜報外交について多くの内部機密の暴露がなされており、著者の人格を知る上でも大変魅力的な資料であるのにもかかわらず、半世紀以上絶版が続いているのは大変残念。
    もとの邦訳はフランス語翻訳版を更に重訳したものであるが、ここはAndré Deutsch出版・英語版原書からの新訳を強く希望いたします。 (2012/07/19)
    GOOD!1

もっと見る

NEWS

  • 2006/02/13
    『秘密機関長の手記』(シェレンベルク著/大久保和郎訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!