1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『代々木ゼミ方式帆糸英語一気シリーズ 全7巻(帆糸満 (渡部十二郎))』 投票ページ

代々木ゼミ方式帆糸英語一気シリーズ 全7巻

得票数
14票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

第1巻動詞句
第2巻文要素
第3巻助動詞
第4巻前置詞
第5巻副詞
第6巻準動詞
第7巻接続詞
第8巻から10巻は未刊

投票コメント

日本の英語研究者が解説した初の本格的な文法書である。筆者はもともと牧師になるために古英語やヘブライ語まで研究した人物。純粋に、英語の姿を若い者に教えたいがために高校の教員から予備校の講師なった。駿台予備校の有名講師Iなど、実はこの帆糸満講師の受け売りだったのである。 (2006/08/15)

1

全十巻の完結を楽しみにしていて、常々残念におもっていました。説明は明確で視点の置き方もなるほどと思わせるところが多々あります。今風の表現をすれば「目からウロコ」というところでしょうか。特に2巻「文要素」は素晴らしいと思います。合本にしても、この部分だけでも価値があるでしょう。 (2006/02/17)

1

細かく分かれた英語の文法書は少ないので復刊を希望します。 (2016/07/10)

0

評判がいいので読んでみたい。 (2011/09/21)

0

帆糸先生の講義を受けた者として、ぜひとも読みたいし、他の人にも薦めたい。あの講義は文書化される必要がある。絶版とはもったいない。 (2011/03/05)

0

もっと見る

新着投票コメント

このシリーズは、言語に関する思考に基づいて解説されている。それを本来の「文法」と呼ぶのでしょう。学習参考書でありながら、学問的説明がなされ、英語のみならず、ソシュールやレヴィーストロースなど、言語学や文化人類学への入り口になるような書籍です。このような貴重な書籍を埋もれさせ、消失させてはなりません。日本の英語教育の歴史的著作です。強く復刊を望みます。 (2018/11/11)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/08/06
『代々木ゼミ方式帆糸英語一気シリーズ 全7巻』(帆糸満 (渡部十二郎))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

学習参考書教育書受験書に関するQ&A

二十年近く前に小学校の試験で読んだ小説を探しています。

小学校の国語の試験に出た小説を探しています。 太平洋戦争で学童疎開した少年が主人公でした。 少年は地元の子供たちから、度胸試しで高所から川に飛び込むことを求められます。少年はバカにされたくなかったた...

TOPへ戻る