1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『ローマ文化王国‐新羅(由水 常雄 (著))』 投票ページ

ローマ文化王国‐新羅

  • 著者:由水 常雄 (著)
  • 出版社:新潮社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2005/05/16
  • ISBNコード:9784104476015
  • 復刊リクエスト番号:29048

得票数
0票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

なぜこの本を書くことになったか
新羅はどのような国であったか
新羅はなぜ中国と国交をもたなかったか
新羅王の王冠の謎
天馬塚の遺構と遺物が示しているもの
衝撃の皇南洞九八号双墳の発掘
微笑するトンボ玉
ケルトの黄金剣の謎
新羅出土のローマン・グラス
圧倒的な陶製リュトン群
新羅はローマ文化の国だった
ローマから新羅への道

ガラス工芸史、東西美術交渉史を専攻した著者は、ローマ文化の遺物が、4世紀~6世紀の新羅地方の遺跡から、次々と発掘されていることを指摘する。

かならずローマン・グラスが出土するばかりか、貴婦人たちの装飾品としてイヤリング、首飾りも出土し、暦も中国の干支暦ではなく、ローマ暦を使っていたという。

金製樹木形宝冠は、ギリシア神話から生まれた形であり、鉢巻状のダイアデムに前と左右に樹木形の立飾りがついていて、これはヨーロッパの王様がかぶるものと同系列のものというのだ。

また、南ロシアのスキタイ・サカ族と同型式の古墳の形式も、前5~後3世紀のものに見られるという。

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/08/10
『ロ-マ文化王国-新羅  改訂新版』販売開始しました!
2005/05/16
『ローマ文化王国‐新羅』(由水 常雄 (著))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ヨーロッパ史に関するQ&A

イタリアが舞台の歴史物の漫画のタイトルが思い出せません

 かなり具体的に内容を覚えていますが、タイトル・作者名が思い出せないため、リクエスト出来ません。  多分30年以上前の、少女フレンドのA5サイズの増刊に、100P読み切りで載っていた作品です。この作品...

TOPへ戻る