復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

4

投票する

アレキサンダーの道

アレキサンダーの道

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 4

著者 井上靖(文) 平山郁夫(絵)
出版社 文藝春秋社
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784163800905
登録日 2005/01/19
リクエストNo. 27648

リクエスト内容

アフガニスタンからイラン高原を通り抜け、イスタンブールに到る一万キロの道。アレキサンダー大王が大群を率いて長駆、チンギス汗のモンゴル軍が侵略をほしいままにした原野へ、作家井上靖氏は古代遺跡を求めて旅立った──。歴史の廃墟に立って悠久の時間に思いを馳せるシルクロード紀行。(書評より引用)

井上靖氏が文藝春秋に1974年から翌年にかけて連載した西域紀行文集。平山郁夫氏による原色図版十八点、単色図版二十六点収録。箱付き。
オーナー評価★★★★★★★★★☆

【目次】
I.アフガニスタンの旅
カーブル川 ハッダ周辺 ナガラハーラ ハッダ バーミヤン スルフ・コタル クンドゥズ アム・ダリア ハイバク マザーリ・シャリーフ バルフ ダルワジン ガズニの旧都 ブスト ヘラート

II.イランの旅
メシェド ニシャプール ゴルガーン、カブース墓廟 チャウラン・テペ カスピ海 テヘラン街道 イスファハ-ン ペルセポリス ナクシ・イ・ルスタム

III.トルコの旅
ゴールディオン ボガズキョイ ヤズルカヤ ヒッタイト学 アラカ・ヒュユク キュル・テペ ハジラール ユルギップ、ギョレメ教窟院 ソアンリ付近の窟院 カイマクリ地下都市 イヒララ窟院 チャタル・ヒュユク イスタンブール 黒海

旅を終えて

【平山郁夫氏筆の原色図版】
ハッダの仏頭と遺跡 ハッダへの道 バーミヤンの大仏 残雪のサラン峠 アフガンのチャイハナ ヘラートへの道 ニシャプールの遺跡 チャウラン・テペの村 カスピ海岸 イスファハ-ン シャー・モスク ペルセポリスの遺跡 アンカラの露地 ヒッタイトの遺跡 ヒッタイトのブロンズ像 ギョレメの洞窟教会遺跡 イヒララの渓谷 石の谷(アナトリア高原所見) ブルー・モスク

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全4件

  • 映画のアレキサンダーを見て、興味がわきました。 (2006/06/01)
    GOOD!0
  • すき (2005/11/26)
    GOOD!0
  • 平山郁夫さんも井上靖さんも好きです。シルクロードも変わりつつある中、昔ながらの乾いた郷愁感みたいなものを期待して。 (2005/01/21)
    GOOD!0
  • この本は文庫でなく、初版時の仕様で復刊して欲しい。刊行から30年が経過し、観光地化され始めた今のシルクロードでなく、著者の純粋な眼で見た、素朴で瑞々しい西域を体感したい。 (2005/01/19)
    GOOD!0

NEWS

  • 2005/01/19
    『アレキサンダーの道』(井上靖(文) 平山郁夫(絵))の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!