1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『パリ陥落(上・下)(イリヤ・グリゴリエヴィチ・エレンブルグ=著、高橋啓吉=訳)』 投票ページ

パリ陥落(上・下)

  • 著者:イリヤ・グリゴリエヴィチ・エレンブルグ=著、高橋啓吉=訳
  • 出版社:新日本出版社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/10/23
  • ISBNコード:9784406014441 9784406014533
  • 復刊リクエスト番号:26506

得票数
3票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

上巻
「ナチに踏みにじられ、辱しめられても、パリはやはりパリなのだ!…全ヨーロッパ征服の野望に燃えるナチス・ドイツ、暗躍する背徳政治家や右翼・軍人たち。第二次大戦前夜のフランスを舞台に、スペイン内戦、人民戦線運動の高揚など、激動の歴史を生きる人間像を、壮大なスケールで描く長編ロマン。」

下巻
「ヨーロッパ戦線の激動を描くリアリズム文学の傑作!均衡は破れた。マジノ線を突破し、全戦線で怒涛の進撃を開始するドイツ軍。第二次大戦の戦火は、主人公たちを苛酷な運命に巻き込んでいく…。しかしナチ占領下、いまレジスタンス闘争の火ぶたは切られようとしていた。大長編ロマン完結編!」

新着投票コメント

占領下のパリについては何でも興味があります。 パリは燃えているか?も大好きでしたが、これも是非読みたいです。 (2006/04/21)

0

エレンブルグの本はいま読み直される必要があると思います。雪どけ作家というたけではないはずなので。 (2005/11/17)

0

(2004/10/23)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/10/23
『パリ陥落(上・下)』(イリヤ・グリゴリエヴィチ・エレンブルグ=著、高橋啓吉=訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

旧ソ連ロシア東欧に関するQ&A

ロシアかブルガリアの童話か

40年ほど前に読んだ本で、ロシアかブルガリアといった国が舞台になっていて、魔法にかけられた男女がでてくる短編集で、その魔法がとても魅力的に描かれていて、そこには馬などの動物も関わっています。そして挿絵が...

TOPへ戻る