1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『気違い部落周游紀行(きだみのる)』 投票ページ

気違い部落周游紀行

  • 著者:きだみのる
  • 出版社:冨山房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/10/14
  • ISBNコード:9784572001313
  • 復刊リクエスト番号:26364

得票数
9票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

【著者の略歴と書籍の内容】
本名、山田吉彦、仏文学者、評論家。明治28年、名瀬(奄美大島)生まれ、幼い頃からフランス式道徳の中で育つ。パリ大学でマルセル・モース教授に師事し、人類学・社会学を專攻。
戦中、青年向けの塾を作るべく、恩方村の廃寺に移住。 戦後、「部落」の生活を通して日本人の本質を探ったルポルタージュ『気違い部落周游紀行』を発表。同書で毎日出版文化賞を受賞した。「部落」をテーマとした著作多数。1975年歿。

本書は山村の生活を観察記録風に書きながら、都会生活が進展して、生活様式が変化しても日本人の中に残る前論理的世界を抉り出し、敗戦で失われた日本人としてのアイデンティティの再発見に寄与した名著。

登録者の評価★★★★★★★★★★

きだの用語「部落」は行政単位の村よりも小さな地域共同体の事を指すもので、差別・被差別の問題とは関係がない。

1957年、松竹にて「気違い部落」として映画化。詳細は下記のURLを参照して下さい。
http://noz.hp.infoseek.co.jp/Kida/


新着投票コメント

戦後の山村のリアルな生活体験談を是非読んでみたい。貴重な資料です。 (2009/12/10)

0

読みたいです (2007/09/18)

0

読まずに死ねるか! (2006/09/13)

0

貴重な民族誌的資料だと思います。 ぜひぜひ復刊を。 (2006/02/21)

0

冨山房版で何度も読んだ本。山本七平氏の諸著作と並んで「最高の日本人論」との評価を受けているこの本が、一般書店では手に入らないというのは我々日本人にとって不幸なことではないか。是非復刊をお願いしたい。 (2005/12/01)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

気違い部落周游紀行 きだみのる
1,296円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/10/26
『気違い部落周游紀行』販売開始しました!
2004/10/14
『気違い部落周游紀行』(きだみのる)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

風俗・民俗学に関するQ&A

恐らく30年以上前の本のタイトルが知りたいです

現在38歳の私の小学生時代に教室にあった本のタイトルが知りたいです。 以下、記憶の断片を連ねてみます。 30年ほど前(1970〜80年代)に刊行されていたものだと思われます。 当時たく...

TOPへ戻る