1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『マーティン・チャズルウィット(上・中・下巻)(チャールズ・ディケンズ)』 投票ページ

マーティン・チャズルウィット(上・中・下巻)

得票数
23票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「だれもみな自己のことばかり。わしのことを考えてくれる者は誰一人いない」とマーティン老人はいう。しかし彼とて利己心の塊なのだ。ペックスニフは偽善者、保険金目当てに父を毒殺しようとする息子などチャズルウィット一族はみな筋金入りの利己主義者だ。これらがぶつかり合ってのさぎ、ぺてんの数々。一族をめぐる出来事を通してイギリス社会に遍在した利己心に筆を向けた、デイケンズの問題作。

投票コメント

ちくま文庫さんから出ているディケンズの多くの作品はすでに絶版状態となっています。これではいけないでしょう。ディケンズはイギリスを代表する文豪です。日本でいえば夏目漱石のような立ち位置でしょうか。そのような作家の作品が古本屋でしか入手不可だなんて…。ただちに復刊すべきだと思います。 (2014/04/18)

1

この作品と『我らが共通の友』がちくま文庫から刊行された時はとても驚いた。さして売れるとはとても思えなかったからである。どちらも即座に購入したが、その後ほどなくしてやはり絶版になった。絶版後に読みたくなった人は新本を買う機会がなかったわけで気の毒である。こういった本が新刊で売られている光景はとても素敵だと思う。 (2010/05/26)

1

ちくま文庫のディケンズの本で、これだけ買いそびれました。復刊を希望します。 (2016/04/07)

0

読みたいです。 (2014/12/21)

0

これもぜひ復刊してください。 (2013/11/16)

0

もっと見る

新着投票コメント

どの作品も面白いので、是非読みたいです。何卒復刊をお願いします。 (2017/01/27)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/10/09
『マーティン・チャズルウィット(上・中・下巻)』(チャールズ・ディケンズ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る