1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ジュリアとバズーカ(アンナ・カヴァン)』 投票ページ

ジュリアとバズーカ

  • 著者:アンナ・カヴァン
  • 出版社:サンリオ
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/05/04
  • 復刊リクエスト番号:23942

得票数
25票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

奇妙な味の作品集。倉阪鬼一郎氏絶賛。

はじめに、ライス・デイヴィズ
以前の住所
ある訪問

実験
英雄たちの世界
メルセデス
クラリータ
はるか離れて
今と昔
山の上高く
失われたものの間で
縞馬
タウン・ガーデン
取り憑かれて
ジュリアとバズーカ

投票コメント

『ジュリアとバズーカ』でアンナ・カヴァンに魅せられました。ここ数年、奇妙な味を作風とした異色作家の作品が刊行されていますが、なぜアンナ・カヴァンが出ないのかが不思議でしょうがない。「季刊NW-SF」のバックナンバーも揃えて久しい。邦訳されているものは知る限り、全て読んだ。英語が堪能でない私があまりの邦訳の少なさに苛立って、洋書を購入したくらい虜になる作家です。感受性の豊かな若い人に是非とも読んで欲しい。 (2008/01/24)

1

“重い”幻想が満ち溢れています。頭と顔の裂け目から白い蘭の花が飛び出し口の中は根でいっぱいで返事もできないというイメージとか、公園で日光浴をする人々の“匂い”を嗅がないようずっと息を止めるなどといった神経症的な描写、あるいは長篇 『氷』 にも通じるような玲瓏とした宇宙線・放射線の美。 単に審美的というよりは感情の欠如、死の冷たさから世界を見ているといったような視点は、詩人シルヴィア・プラスの晩年の詩にも通じるでしょう。翻訳されて20年以上がたちましたが、いまだ強烈に記憶に留めています。 『ジュリアとバズーカ』も衝撃力のある短編集だったし、『氷』 『愛の渇き』も素晴らしい。カヴァンではその他に、短編集の『アサイラム・ピース』が刊行予定にあがりながら未刊に終わってしまいました。(表題作ほか二篇が「季刊NW-SF」誌に訳載されましたけど) これらをまとめて復刊する案を取り上げてくれそうな受け皿として、現在ならいくつかの出版社があるはずです。海の向こうではカヴァンの出版は盛んに行なわれているんですがね。 (2004/06/18)

1

読みたいです。 (2013/02/01)

0

読んでみたいです。 (2012/10/19)

0

5,000円以下では見たことがないね。 (2012/09/07)

0

もっと見る

新着投票コメント

話題のビブリア古書堂に一瞬だけ出ています。主題になっている古書は復刊されたりし始めましたが、こういったちょっとだけ出てきた本も復刊して頂きたいです。特にアンナ・カヴァンに興味があります。よろしくお願いします。 (2013/02/09)

1

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

ジュリアとバズーカ アンナ・カヴァン 著 / 千葉薫 訳
3,024円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/04/22
『ジュリアとバズーカ』復刊決定!
2004/05/04
『ジュリアとバズーカ』(アンナ・カヴァン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る