復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

17

投票する

秘剣宮本武蔵(全4巻)

秘剣宮本武蔵(全4巻)

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 17

著者 霧島那智(若桜木虔の別筆名)
出版社 双葉社
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784575006940 9784575006964 9784575006995 9784575007039
登録日 2003/12/16
リクエストNo. 21218

リクエスト内容

あの宮本武蔵は一人ではなかった。関ヶ原合戦で敗れた西軍総大将・宇喜多秀家を九州の黒田家まで落ち延びさせた宮本武蔵は十六人。宇喜多家に仕える新免忍群の“戦闘忍び”だった。的確に左右二槍を操り、忍び技に優れ、姿格好の酷似した十六武蔵は、敵を攪乱させる“分身の術”の術者達だったのだが、黒田家から島津家へ潜伏先を移した秀家が彼等に命じたのは、徳川を支える重鎮達の暗殺。その第一の目標は彦根城主、“赤鬼”と称された井伊直政だった…。(1巻)
宮本武蔵には、徳川家康が頼みの綱とする武将達を次々倒す大望がある。井伊直政暗殺後、家康の五男・武田信吉暗殺、里見水軍の総帥・義康暗殺。しかし自らも二名を失い、十三名となった。同時に徳川方諸大名の警戒を呼び、近付くことすら容易ではない。ために武蔵は一計を案じた。自ら武芸者として武名を上げ、公然、徳川家康に近付く。その手始めが室町将軍家の剣術師範を務めた吉岡流宗家・吉岡清十郎との果たし合いだった。(2巻)

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全17件

もっと見る

NEWS

  • 2003/12/16
    『秘剣宮本武蔵(全4巻)』(霧島那智(若桜木虔の別筆名))の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!