1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『秘剣宮本武蔵(全4巻)(霧島那智(若桜木虔の別筆名))』 投票ページ

秘剣宮本武蔵(全4巻)

得票数
17票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

あの宮本武蔵は一人ではなかった。関ヶ原合戦で敗れた西軍総大将・宇喜多秀家を九州の黒田家まで落ち延びさせた宮本武蔵は十六人。宇喜多家に仕える新免忍群の“戦闘忍び”だった。的確に左右二槍を操り、忍び技に優れ、姿格好の酷似した十六武蔵は、敵を攪乱させる“分身の術”の術者達だったのだが、黒田家から島津家へ潜伏先を移した秀家が彼等に命じたのは、徳川を支える重鎮達の暗殺。その第一の目標は彦根城主、“赤鬼”と称された井伊直政だった…。(1巻)
宮本武蔵には、徳川家康が頼みの綱とする武将達を次々倒す大望がある。井伊直政暗殺後、家康の五男・武田信吉暗殺、里見水軍の総帥・義康暗殺。しかし自らも二名を失い、十三名となった。同時に徳川方諸大名の警戒を呼び、近付くことすら容易ではない。ために武蔵は一計を案じた。自ら武芸者として武名を上げ、公然、徳川家康に近付く。その手始めが室町将軍家の剣術師範を務めた吉岡流宗家・吉岡清十郎との果たし合いだった。(2巻)

新着投票コメント

復刊おねがいします。 (2008/10/09)

0

時代小説、大好き! (2004/01/30)

0

武蔵ファンです。ぜひ、お願いします! (2004/01/27)

0

マルチ宮本武蔵の活躍が知りたい(わくわく)。 (2004/01/25)

0

(2004/01/24)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/12/16
『秘剣宮本武蔵(全4巻)』(霧島那智(若桜木虔の別筆名))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る