1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『カフカスの小さな国 チェチェン独立運動始末(林克明)』 投票ページ

カフカスの小さな国 チェチェン独立運動始末

  • 著者:林克明
  • 出版社:小学館
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/11/26
  • ISBNコード:9784093895217
  • 復刊リクエスト番号:20930

得票数
175票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ロシアの南方で起こっているチェチェン紛争。いままでに15回も現地に通ったジャーナリストが書き上げたルポルタージュです。チェチェン紛争とは何なのか、94年に始まった第一次チェチェン戦争で何が起こったのか、そして、チェチェン人とはどんな人々なのか?

なんと言っても絶版本ですから、投票すると言っても、これといってコメントのない方も多いのではないかと思います。そんな方はぜひ「とりあえず、読みたい!」の一言で、投票をお願いします。

投票コメント

昨日、都内で、3年前に暗殺されたアンナ・ポリコトフスカヤさんのドキュメント映画「アンナへの手紙」を見ました。 上映後のトークショーで15~16回現地に行かれた著者林さんを交えたトークショーを聞き、是非彼のこの本を読みたいと思いました。 (2009/11/21)

1

”廃墟の上でダンス” を読んでチェチェン問題に興味を持ちました。 社会問題を主なテーマとする日本人ジャーナリスト 林克明 さんによる傑作ルポルタージュが、入手困難な状況におかれているのはとても残念です。 (2008/11/09)

1

ロシアのRTRニュースは、ロシアはチェチェンを解放したと 報道している。 「解放」されたチェチェンは、情報封鎖され「テロリスト」の レッテルを貼られ、チェチェン住民は新型の化学兵器の実験場にされた。 日本のマスコミは、ロシア人の批判精神の無さ、農奴根性のロシア人の 後進性を批判しない。 チェチェンの悲劇は、日本の将来の悲劇に繋がる気がしてならない。 (2007/06/20)

1

3年ほど前、某映画で初めてチェチェンの存在を知り、この平和な世の中にいまだこんな悲惨な戦争をしている国があることに驚きました。最近「チェチェン屈せざる人びと」という写真集と出会い、林 克明さんを知りました。チェチェンの状況は以前より更に悪く、何故こうなったのか、を知る為にも彼が小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞したこの本の復刊を強く希望します。 (2006/10/09)

1

学校襲撃事件を露側はチェチェン民族滅亡利用が次々出初めている。 チェチェン現状を知らない者への情報操作で 「テロ」という言葉による誤魔化しにより、 もっと大きな悲劇が目の前に迫っている現状、 真実の情報を常に手に取れる状況は必要である。 (2004/10/05)

1

もっと見る

新着投票コメント

歴史を学びたい (2018/07/25)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/11/26
『カフカスの小さな国 チェチェン独立運動始末』(林克明)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2004/04/12
メール連絡済み
この本は出版社へ復刊希望のメール連絡済みです。
実際に交渉した際には改めましてご連絡します。
(交渉先:出版社)
2004/01/29
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

小学館に関するQ&A

川原由美子先生の……。

川原由美子先生 最近私検索しても 単行本が何処から出ているのかわからないです。 小学館の本でも 持ってない作品がありますので どこの出版社で どんな話があるのか 教えて下さい!!

TOPへ戻る