1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『サンディエゴ・ライトフット・スー(トム・リーミイ)』 投票ページ

サンディエゴ・ライトフット・スー

  • 著者:トム・リーミイ
  • 出版社:サンリオSF文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/10/13
  • ISBNコード:9784387851431
  • 復刊リクエスト番号:1986

得票数
74票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

とても切ない短編集なのです。田舎から出て来た少年が都会でいろんな人たちと出会って優しさを知るみたいな話なのですが、SFと言うよりファンタジーに近いと思います。

投票コメント

「沈黙の声」が大好きです。あの世界観がなんて素敵…☆ こちらもぜひ読みたいのでお願いします!! 古本でも探してるんですが滅多にないし、一度だけ見かけた時は…値段が…!! 高めの値段で復刊しても、古本より安いだろうなあ… (2005/07/20)

1

その昔、サンリオ文庫で出版されていた作品が次々と他の出版社から復刊されていた時期があったと思います。「沈黙の声」はその時期に一度筑摩文庫で刊行されたので入手することができましたが、こちらはついぞ復刊されませんでした。ずっと探していたのですが、古書店でもなかなかみつからず、あったとしても高いので二の足を踏んでおりました。是非とも復刊をお願い致します。 (2004/08/03)

1

伊東典夫訳に興味があります(井辻朱美訳も悪くはないのですが)。表題作しか読んでませんが、確かにファンタジー隠し味のノスタルジックノベルといった趣です。ちくま文庫さんがんばってください。出来れば表紙を変えないでほしいな。 (2003/10/05)

1

トム・リーミィ。 「沈黙の声」を読んだときには、思春期の熱に浮かされたような気分と、ファンタスティックな(怖い)出来事とが織り成す世界に唸るしかありませんでした。 風間賢二氏のホラー短編ベストでも挙げられていた名作での「亀裂の向こう」が収められたこの「サンディエゴ・ライト・フット・スー」、是非読みたいと思っている作品の一つ。多少高値でも見つけたら買っておこうかと思っているほど(他の短編作品も読めますしね)。 (2001/08/13)

1

古本屋の値段が高すぎるから。5000円超えている店もあったぞ。「沈黙の声」はちくま文庫版を格安(1200円)でゲット。しかしこの短編集は、ほんとになかなか手に入らない。いまだに買えるような値段で見かけたことがない。ネビュラ賞受賞の表題作はSFマガジンを入手したけど、他のも全部読んでみたい。あとは新潮文庫の「SF9つの犯罪」に「デトワイラーボーイ」が入ってたけど。 (2001/04/08)

1

もっと見る

新着投票コメント

一度読んでみたい。 (2014/12/17)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2000/10/13
『サンディエゴ・ライトフット・スー』(トム・リーミイ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る