1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『憑かれた女(デイヴィッド・リンゼイ)』 投票ページ

憑かれた女

  • 著者:デイヴィッド・リンゼイ
  • 出版社:サンリオ
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/08/16
  • 復刊リクエスト番号:18741

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

サセックスの森林に囲まれたランヒル・コート館。そこにはウルフ塔の伝説が人々に囁かれていた。13世紀頃、ウルフという男が、陸の精トロールの狩場である高台に館を建てたところ、最上階の部屋がトロールの手で運び去られ、ウルフの消息もプッツリと途絶えた。そして現代、館を購入したいという叔母の付き添いで、婚約者と共に館を訪れたイザベルは、壁の間から、ある筈のない最上階へ通じる階段を発見。階段を昇り非在の空間である部屋に入ったイザベルは、館の真の持主ジャッジに出会う。彼に魅せられたイザベルは、婚約指輪を投げ捨てて・・・。


投票コメント

入手出来なくなることを見越して数冊買った、とは賢明でしたね。わたしのほうは、知り合いの古本屋に薦められたけれどウン千円という値段に諦めざるを得なかったクチです。 そのウン千円でさえ払っておけば良かったかと今にして思います。コリン・ウィルソンのエッセイで本書のことを読み、読んでみたい気持ちはつのるばかりだからです。 『アルクトゥールス』 がらみで、国書刊行会さんあたりが拾いあげてくれないかな。 (2003/10/28)

1

リンゼイの作品には傑作として名高い「アルクトゥールスへの旅」があります が、私はこの「憑かれた女」が大好きです。まず入手出来なくなるだろうと思 い数冊買ったのですが、やはりそうなりましたか。残念ながら、現在では英語 でも新本では入手不可能のようなので、是非とも復刊して貰いたいと思います。 (2003/09/01)

1

世紀の怪作「アルクトゥールスへの旅」の作者による、もう一つの作品をぜひ読んでみたいです。 (2011/07/13)

0

私もコリン・ウィルソン激賞ということで購入したくちです。 (2003/08/16)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

憑かれた女 デイヴィッド・リンゼイ 著 / 中村保男 訳
3,024円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/01/14
『憑かれた女』販売開始しました!
2003/08/16
『憑かれた女』(デイヴィッド・リンゼイ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る