1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『解法の手びき数学I・IIB・III(矢野健太郎)』 投票ページ

解法の手びき数学I・IIB・III

  • 著者:矢野健太郎
  • 出版社:科学新興社
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/06/18
  • 復刊リクエスト番号:17466

得票数
31票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

1972頃から1982年頃までの課程の高校数学の参考書です。

投票コメント

当時の常識に反し、数ⅡBよりも数Ⅲの方が、ページ数が多くなっています。これは、イプシロン-デルタ論法や、ロピタルの定理の証明にも丁寧な説明を惜しまずにつけているからです。その昔、この本を中心に大学受験の準備の勉強をできたことは、とても幸運なことだったと今にして思います。 復刊されて、新しい読者を得ることを望みます。 (2009/06/27)

1

高校の時この本と出会いました。数学という学問に感動しました。その後理学部数学科に進学するおおきなきっかけとなりました。しかし引越しのドタバタに紛れて紛失してしまいました。 今、子供が高校に進学しようとしています。 是非、子供にも読んで欲しいと思い、この本の復刊を強く希望します。 (2005/12/25)

1

矢野先生の著書の中で最も定評のあるシリーズです。 まず基本事項(導入、定義、定理など)の詳しい講義があり、これが矢野先生の個性の発揮された本書の特徴です。 数学的な厳密性を重視し曖昧さをなくすため必要があれば大学レベルまで踏み込み、高校数学では証明不可能なことは「厳密には証明が必要である」という旨を明示し、天下り的に知識を詰め込むことを防いでいます。 そして例題、発展問題、演習問題が続きます(解法はごく自然で癖のないものを採用)。 1冊で参考書と問題集を兼ねているので数学の入試対策はこれだけでほとんどカバーできます(前書きで矢野先生もそうおっしゃっています)。 復刊,お願いします!! (2004/03/26)

1

独学するときに重要なのは,当然のことながら自分一人で読み切ることができるように理論全体がコンパクトにまとまっていることです.そのための条件は a) 量的にそれほど多くない b) 基本的なことがしっかりと書かれている c) 解説に対応した問題が出ている.(解説の後にすぐ問題があるのが望ましい) ということになりますが,これらの条件を満たし,解説のしっかりした本は,教科書以外には高校数学全範囲を網羅するものではいまのところないと思います.(教科書としては東京書籍のものが最もオーソドックスです.) 一昔前には 矢野健太郎 「解法の手引きシリーズ」 (科学振興社) があったのですが,残念ながら現在では新版になってしまい書式さえ変わってしまいました. http://suuri.honesto.net/koukoukiso2.htmより引用 (2003/12/03)

1

数学の神様「矢野健太郎」師の書かれた解法の手引き、解法のテクニックシリーズは、問題の選定、解法や説明全てにおいて非の打ち所がない。受験生にはもちろん必携ですし、一般の人にとっても数学の面白さに気付かせるきっかけとなるだろう。この数学が難しかった課程での同師の著作をぜひ堪能したい!!! (2003/10/17)

1

もっと見る

新着投票コメント

高校時代に数学の土台はこれで固めました。 大事に取っていたつもりが引越しで紛失。 絶対に復刊して欲しい。 (2015/05/06)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/06/18
『解法の手びき数学I・IIB・III』(矢野健太郎)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

学習参考書教育書受験書に関するQ&A

二十年近く前に小学校の試験で読んだ小説を探しています。

小学校の国語の試験に出た小説を探しています。 太平洋戦争で学童疎開した少年が主人公でした。 少年は地元の子供たちから、度胸試しで高所から川に飛び込むことを求められます。少年はバカにされたくなかったた...

TOPへ戻る