1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『時は準宝石の螺旋のように(サミュエル・R.ディレーニ)』 投票ページ

時は準宝石の螺旋のように

  • 著者:サミュエル・R.ディレーニ
  • 出版社:サンリオSF
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/09/14
  • 復刊リクエスト番号:1692

得票数
137票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

サンリオSF文庫(残念ながら文庫自体が廃刊となってしまいました)から1979/09に出版されたものです。(サンリオSF文庫自体面白い作家さんを取り上げてみえました。また、装丁もとてもキレイです)
作品のイメージは…ぐるぐると迷宮のような作りでその中に準宝石(貴石)の名前を散りばめたとても美しいイメージがワタシの中で抽出されています。

投票コメント

サンリオSF文庫の中でも集め損なった一冊。図書館で見かけて狂喜して借りたのだが……なんと乱丁だった!「カットアップされてるのさ」と強がって読んではみたものの、ディレイニーで!短編集で!乱丁!ほんと訳分かりませんでした^^;。 ちゃんとしたものが読みたいです。 (2004/01/22)

1

サミュエル・R・ディレイニーの本は実は一冊しか読んだことがない。『ノヴァ』という作品である。そのイメージの心地よい洪水には、本当に舌鼓を打った。もうかなり以前の作品であるが、本当によい意味で古さが感じられない。しかし、読んでいてしっくりその世界に入っていける。 ディレイニー作品をもっと読みたいのだが、私は本への物欲も強く、好きな作家の本は必ず自分で購入して読みたい。何とか本書も復刊しないであろうか。 (2004/01/06)

1

まずタイトルの勝利ですね。原題"Time Considered as a Helix of Semi-Precious Stones"(そのまんまや)が邦題にような詩的な響きをもつ美しいイメージに結晶し、その煌きに吸い寄せられるように購入してしまう。さすがディレーニ、さすが伊藤典夫というところ。今から思えばサンリオ文庫には本書のような宝石の輝きをもった作品が多かった。(?)というのも多かったけど。 1979年9月25日初版発行 570頁 定価560円 重版はしたのかな? (2003/09/18)

1

漫画家・山本直樹が「最も凝縮された現実」とやら評価している表題作は絶品。既に古本屋で大枚はたいて買ってしまいましたが、もっと読まれてしかるべきだと思います。実はディレイニーは『アインシュタイン交点』あたりの作品を読んでもサッパリ意味がわからなかったのですが、この作品は素直にすげぇと思いました。準宝石をちりばめたイメージはあくまで美しく、しかし描かれているメッセージは知的にスリリング。これを読んだ後あなたの世界観は再構築される、かも知れません。 (2002/06/14)

1

ハヤカワ刊「プリズマティカ」よりも(メインタイトルの)知名度が上なので、まずはコチラから、の方が現実的? 名前を借りた作品(同人誌)しか知らない人、名前しか知らない人も多いのでは。かく言う自分もメールゲームのサブタイトル「時は宿命石の螺旋のように」で興味を示した口なので。 (2002/04/05)

1

もっと見る

新着投票コメント

書名は昔から知っていたが、見かけたことがない 数少ない短編集なので、是非読みたい (2015/02/09)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • ドリフトグラス

    ドリフトグラス

    在庫僅少

    【著者】サミュエル・R・ディレイニー 著 / 浅倉久志 伊藤典夫 小野田和子 酒井昭伸 深町眞理子 訳
    【発送】3~6日後

    アメリカの神話的SF作家サミュエル・R・ディレイニーの全中短篇を網羅する決定版コレクションがついに登場! 名作「時は準宝石...

    3,888 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/12/08
『ドリフトグラス』復刊決定!
2005/09/20
『時は準宝石の螺旋のように』が規定数に到達しました。
2000/09/14
『時は準宝石の螺旋のように』(サミュエル・R.ディレーニ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2005/09/20
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る