復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

96

投票する

バロック・アナトミア―フィレンツェ“ラ・スペコラ”博物館の解剖学蝋人形

バロック・アナトミア―フィレンツェ“ラ・スペコラ”博物館の解剖学蝋人形

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 96

著者 佐藤明
出版社 トレヴィル
ジャンル 実用書
ISBNコード 9784845709472
登録日 2000/08/29
リクエストNo. 1509

リクエスト内容

フィレンツェにひっそりと存在している“ラ・スペコラ”という博物館には、実に六百体に及ぶ17世紀末から18世紀に作られた蝋細工の解剖学模型が収蔵されている。
それは模型という表現に収まりきるものではない。
腹部を開かれ、腸を晒した少女が、バロック彫刻さながらに身をよじらせてポーズをとり、小さく微笑んでいる。
『解体されたヴィーナス』と呼ばれる16歳の美少女の死体をモデルに作られた蝋人形は、その皮膚にあたる蓋をはずして、内臓をひとつひとつ取り出し、最後に子宮の蓋を開けて中の胎児を覗くことができる。
これまで一部の紹介を通じて熱狂的な関心を集めていた解剖学蝋人形を佐藤明が撮り下ろした本邦初の写真集。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全95件

  • 絶版になってしまう前から気になっていた本なのですが、のんびりしているうちに絶版になってしまったうちの1冊です。仕方なくラ・スペコラ関連の洋書で今は代用(?)していますが、トレヴィルから発行されたあの表紙・装丁が忘れられません。(実際に復刊する場合はあのままを再現できるのか・するのかはわかりませんが…) 復刊するなら絶対購入します。 (2004/04/11)
    GOOD!1
  • 本物の死体を展示している解剖展覧会より、ラ・スペコラの蝋人形の方が美しいと感じてしまう。学術と芸術の違いでしょうか。
    ラ・スペコラ展が日本で開催されることは難しいと思うので、是非、復刊してほしいものです。 (2004/01/31)
    GOOD!1
  • 学生時代、本屋に足繁く通って眺めていました。美しくて恐ろし
    くてエロティックな写真に魅了されました。当時買うことができ
    なくて、今になって激しく後悔。何であのとき多少無理しても
    買っとかなかったんだって。復刊を熱望します! (2003/09/12)
    GOOD!1
  • この本の存在は7年位前から知って居たのですが、なかなか購入するっまでには、到らずに居て、別刊の「ヨーロッパ不思議博物館・ヨーロッパ ミステリーツアー」など、読んでいるうちに、是非読んで見たいと書店へ、行ったのですが、出版会社が、倒産した為絶版との事で、古本屋で、探しても見つからないので、あきらめて、ラ・スペコラ博物館を、検索していて、このサイトを見つけ投票しました。
    神秘の蝋人形を、何が何でも見てみたいのです。 (2002/10/28)
    GOOD!1
  • トレヴィル発行の書籍はいいものが多かったです。
    いつか購入したいと思ってリストアップしていた本の多くが トレヴィルでした。
    この本もそのひとつです。残念でしかたがありません、
    ぜひ復刊してほしいです。 (2001/04/11)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2005/04/12
    復刊!『佐藤明写真集『バロック・アナトミア』』

  • 2004/12/10
    『バロック・アナトミア―フィレンツェ“ラ・スペコラ”博物館の解剖学蝋人形』が規定数に到達しました。

  • 2000/08/29
    『バロック・アナトミア―フィレンツェ“ラ・スペコラ”博物館の解剖学蝋人形』(佐藤明)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

  • 2004/12/10
    交渉情報はもうしばらくお待ちください。
    公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!