1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『堀井和子の気ままな朝食の本(堀井和子)』 投票ページ

堀井和子の気ままな朝食の本

  • 著者:堀井和子
  • 出版社:白馬出版
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/08/21
  • ISBNコード:9784826601771
  • 復刊リクエスト番号:1450

得票数
212票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

今、とても人気のある料理研究家の堀井和子さんの
本です。中でも堀井和子さんは朝食をとても大切に
しています。写真も堀井和子さんが撮られていて
とても雰囲気のある本だと思います。

投票コメント

堀井和子さんは、私の一番尊敬する ライフスタイル提唱者です。 彼女の、「朝ごはんの空気をみつけにいく」で 朝食への考え方が大変変わりました。 そんな堀井さんの、朝食に関する本ということで 強く復刊を望みます。絶対に、読みたい。 (2005/09/06)

1

堀井和子さんの他の本を購入して、堀井和子さんのレシピが気に入ったので、古本で「気ままな~」シリーズのパンの本を手に入れ、堀井さんの本でも特に気に入ったので他のシリーズも欲しい!と思ったのですが、絶版で、古本で購入するにも定価の倍以上の売値での取引きとなっており、気に入ったとはいえ、純粋にレシピ本として楽しみたいものに定価の倍以上の金額を掛けるのはちょっと…という感じです。復刊したら是非購入したいので、復刊を切に望みます! (2004/11/17)

1

雑誌「アルネ」やスカパー「フーディーズTV]での特集で非常に興味を抱きました。「私が好きなルール」を読みましたが、頷けることや共感できることが多くありました。パン作りの達人堀井さんが朝食に対して持っている考えやこだわりを、活字を通して是非読んでみたいと思います。 (2004/11/12)

1

堀井さんのセンス、生き方、考えかた、すべてが感じられる本です。オークションでは、高値で、とても買うことは、できません。それほど、価値のある本なのでしょうが、高値で売買されること、堀井さん自身も、喜んではいらっしゃらないのではないでしょうか?みんなの手元に、気軽に見れる本になること、期待しています。お願いします。 (2004/02/05)

1

気ままなパンの本にも復刻希望をだしましたが、同じ理由でほんとに素敵な本です。当時このシリーズを手に入れた姉の家でみましたが、ほんとに今の時代にこそみんなにみて欲しい本です。 そして、私ももちろん手に入れます!必ず! (2003/11/02)

1

もっと見る

新着投票コメント

堀井さんの本は大好きでたくさん持っていますが、白馬出版発行のものは手に入れることが出来ませんでした。 ぜひ読んでみたいです。 (2015/10/23)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2002/07/23
『堀井和子の気ままな朝食の本』が規定数に到達しました。
2000/08/21
『堀井和子の気ままな朝食の本』(堀井和子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2010/11/03
「堀井和子の気ままな朝食の本」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》打診後の進捗を確認 【11/2(火)】

復刊の可能性をご検討いただけるよう、関係各所へ改めてお願いいたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
2003/05/31
交渉情報追加
白馬出版が倒産してしまっており、著者との交渉の道を探っております。時間がかかる交渉になりますので「膠着」状態にある事ご理解いただきたいと思います。
もちろん、あきらめるわけではなく、粘り強く復刊交渉は続けて参ります
(交渉先:出版社以外)
2002/07/23
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
交渉スケジュールが決定次第ご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

クッキングに関するQ&A

アメリカ洋書和訳の菓子レシピ本 大判、200頁以上

20数年前図書館で借りた、本というより辞典のような厚さで大判の写真付きレシピ本を探しています。 その時興味のあった一部分のページをコピーして持っているのですが、タイトル、出版社、著者、訳者、すべて不明...

TOPへ戻る