1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『合成人間ビルケ(A.ベリャーエフ)』 投票ページ

合成人間ビルケ

  • 著者:A.ベリャーエフ
  • 出版社:岩崎書店
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2000/08/14
  • ISBNコード:9784265922185
  • 復刊リクエスト番号:1381

得票数
54票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

旧ソビエトのSFですが、昨今の医療技術の進歩に伴うさまざまな問題を見越していたかのような内容には驚かされます。最先端の技術によって否応も無く生き長らえさせられたビルケは、はたして科学の申し子か時代の被害者か。
難しい本ではありません。小学校の図書館で妹と交互に何度も何度も借り出しては読んでいました。サスペンスの要素も含まれて、今読んでも新鮮です。
オンデマンドで販売中のようですが、少々値が張るので、ぜひ復刊して大勢の方に読んでいただきたいと思います。

投票コメント

小学生の時、学校の図書館で借りて読みました。 子供ながらに「こんな衝撃的な本を小学校の図書館で扱っても良いのだろうか?」と思った事をはっきりと覚えています(笑)忘れられない本の一つです。もう一度出会いたいな! (2016/09/25)

2

『生きている首』というタイトルになって登場しましたが、挿絵も当時の 井上洋介さんの方が良くて、手に入れたい一冊です。 何度も何度も学校で借りて読みなおしたりして。私のSF図書の入口です。こんな面白い作品はありません!ぜひ復刊してほしいです。 (2012/05/28)

1

小学生の頃、SFこども図書シリーズを一生懸命読んでいました。 大人になった今でもこのタイトルだけは忘れられません。 今、2児の父親となり、この本を子供に読ませたく、県立図書館に行きますが、どうしてもありません。 現在、販売はされていないとのことで、もしよかったら 復刊してもらえたら嬉しく思います。 (2010/02/22)

1

最近復刊された合成怪物の逆襲(合成脳のはんらん、合成怪物) と同じシリーズで小学校の図書館にあった気がします。 合成つながりで覚えていたのですが、内容はあまり覚えていません。ただ、面白かったことは覚えているので、ぜひとももう一度読んで見たいです。久しぶりに読んだ合成怪物はやはりおもしろかったです。 (2004/12/24)

1

小学校の図書館にありました。SFものが好きで、いろいろ読んで いましたが、この作品は暗いイメージがあるものの、とても斬新 で面白かった記憶があります。30歳を過ぎた今でも、タイトルは 鮮明に覚えていました。ぜひ復刊していただきたいです。 (2004/11/10)

1

もっと見る

新着投票コメント

子供が小学生になり、読んだらどういう感想を持つかな?と探し始めました。小学校の図書館で読んで強烈なインパクトがあり、ワクワクした記憶があります。ようやく題名、発行シリーズまで辿りつきましたが、どうにも入手できません。国立図書館にありましたが、貸出ししておらず、館内で閲覧のみ。 井上洋介さんの挿絵が味わいがあり、同じ本が欲しいです。自分でもまた読んでみたいな。 (2017/06/20)

1

もっと見る

投票する

読後レビュー(1件)

  • 内容は忘れてしまいました(^ ^)

    ベルンハルト 2015/01/22

    小学校の図書室に置いてありました。内容はもちろん
    作者名も忘れ果てていましたが、ベリャーエフと言うと
    ドウエル教授の首を書いた方ではなかったでしょうか?
    こういう類いのサイボーグテーマが得意な方だったのでしょうかね。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/12/17
『合成人間ビルケ』が50票に到達しました。
2000/08/14
『合成人間ビルケ』(A.ベリャーエフ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

旧ソ連ロシア東欧に関するQ&A

ロシアかブルガリアの童話か

40年ほど前に読んだ本で、ロシアかブルガリアといった国が舞台になっていて、魔法にかけられた男女がでてくる短編集で、その魔法がとても魅力的に描かれていて、そこには馬などの動物も関わっています。そして挿絵が...

TOPへ戻る