復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

104

投票する

映像のポエジア

映像のポエジア

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 104

著者 アンドレイ・アルセーニエヴィチ・タルコフスキー、鴻英良
出版社 キネマ旬報社
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784873760308
登録日 2000/07/24
リクエストNo. 1240

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全104件

  • タルコフスキーと作品について語り合いたい。
    遺された映像作品を何度となく見て、その深遠さに厭きる事はない。評論も多く出版され、それを踏まえて見ると新しい発見がある。
    この著書は、タルコフスキーの言葉で書かれている数少ない書籍である。その言葉をかみしめ、映像と向き合うのも一興である。
    いずれにしても、このまま埋もれさせてしまうのは惜しい。 (2019/01/26)
    GOOD!1
  • 本書の執筆期間は1986年の監督の逝去から遡ることおよそ20年間に及び、「日記」や「映画術」を語る上での精神面での支柱とも言えます。さらに映画というメディアを超え芸術一般を論じた書籍の中で最も密度の高い作品のひとつと思います。章立ては時系列に沿い、自身の作品の背景、同郷の先達であるエイゼンシュテイン、ドヴジェンコを継承し、同胞意識の強いブレッソン、ベルイマン、アントニオーニ、ブニュエル、黒澤、溝口などに言及し、時に美術、文学、俳句に周遊します。芸術家の矜持が縦糸として貫かれており、映画を知る上での助けになること請け合いの名著です。是非復刊され一人でも多くの映画好きの目に触れることを希望します。 (2017/10/04)
    GOOD!1
  • 単なる映画論ではない。イメージというものを通して世界を捉える行為についての哲学。ドゥルーズの『シネマ』のように、哲学者がイメージを考えたのではなく、イメージ的に思考し、卓抜なイメージを創造しえた者によって紡がれた証言としての稀少価値がある。 (2015/04/16)
    GOOD!1
  • 「タルコフスキイの映画術」が非常に面白かったので、ネットで調べてみるとこちらの本も一緒に読んでほしいと紹介されてる方がいらっしゃいまして…。Amazonで調べても倍以上の値段がついてますし…。読みたい読みたい読みたい!票がたまり切らなくても、これをみている運営の方々、どうか復刊よろしくお願いします! (2015/04/10)
    GOOD!1
  • タルコフスキーの映画哲学がびっしり詰まった素晴らしい本なのですが、長らく絶版状態で高額なプレミアがついています。ここのところ、タルコフスキー作品のブルーレイ化が話題となり、ランキングを賑わしていますが、本書をはじめ、著作すべてが絶版というのは寂しい限りです。 (2015/03/09)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2020/05/07
    『映像のポエジア』が100票に到達しました。

  • 2000/07/24
    『映像のポエジア』(アンドレイ・アルセーニエヴィチ・タルコフスキー、鴻英良)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!