1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『歴史の研究 全24巻+補巻(アーノルド・J・トインビー 著 / 下島連 ほか 訳)』 投票ページ

歴史の研究 全24巻+補巻

得票数
31票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

なぜ古代ギリシアの哲学者アリストテレスはあそこまで膨大な書物が書けたかといえば彼には身の周りや仕事の世話をしてくれる奴隷がいたからです。だからこそ彼は哲学に身を集中できたのです。そもそも知的生活は徹底的な機械化がなくては成立しません。実は一番初めに知的生活を始めたのはエジプトの神官であったのもこういった理由があったのです。その辺を論じているのと、さらにトインビーは何故国家は衰亡するのか?その辺を徹底的に研究します。そこで導き出した答えは衰亡とは外敵に滅ぼされるのではなく内なる敵(弛緩しきった精神等)に滅ぼされると答えを出すのです。


投票コメント

kh

kh

書名はよく引用されているのに、現在古本扱いとは残念です。ソフトカバーか文庫版で、できれば程々の価格で再出版されたら、必ず買います。 (2014/10/22)

1

世界史の研究書として、基本中の基本のものなのに、文庫化できないでしょうか。最近、話題となっている「銃・病原菌・鉄」においても、歴史研究書の中で傑出した書として挙げられています。是非、復刊をお願いします。 (2013/05/19)

1

最近の学問は歴史学に限らず、「蛸壺」のような狭い世界の中にそれぞれ「専門」と称して立てこもっているだけのような感があります。トインビーの「歴史の研究」はこうした学問の潮流とは違って、全体像を見るということを教えてくれるような気がします。こうした全体像とそれぞれの「専門分野」はお互いに補完し合うべきものだと思います。 大学時代にノートを取りながら読んだことがありますが、再度読んでみたいと思います。復刊をお願いします。 (2011/09/30)

1

21世紀最大の歴史家トインビー博士の大著「歴史の研究」。この本を短くまとめた本はあるんですが、もっと詳しく書かれた本はなかなか見たことがありません。この本の中に、挑戦と応戦という言葉が出できますが、挑戦とは文明社会が直面する試練のことで、応戦とはその試練に対してどのように対処していくかということです。文明社会は最も効果的な応戦をすることで発展してきました。現代社会の様々な問題を解決する鍵がこの本には多々あると考えています。この本の復刊を強く希望します。 (2008/01/15)

1

人類の歴史を細部にわたって詳細に研究したトインビーの人類への警鐘ともいえる偉大な書。人類史の研究において古典中の古典であり、21世紀の国際社会を担っていく若者に広く読まれるべき大著であると思います。ぜひとも全巻復刊していただきたく思います。 (2002/10/25)

1

もっと見る

新着投票コメント

戦後日本人の基礎教養の復活を体現していただきたい。 邦訳が無い事は、現代日本の恥。 (2019/06/07)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

戦争と文明 トインビー 著 / 山本新 山口光朔 訳
2,592円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/10/15
『戦争と文明』(トインビー 著 / 山本新 山口光朔 訳)の注文を開始しました。
2002/09/19
『歴史の研究 全24巻+補巻』(アーノルド・J・トインビー著 下島連ほか訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ヨーロッパ史に関するQ&A

イタリアが舞台の歴史物の漫画のタイトルが思い出せません

 かなり具体的に内容を覚えていますが、タイトル・作者名が思い出せないため、リクエスト出来ません。  多分30年以上前の、少女フレンドのA5サイズの増刊に、100P読み切りで載っていた作品です。この作品...

TOPへ戻る