復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

sf kidさんの公開ページ 復刊投票コメント一覧

復刊リクエスト投票

  • オカルト入門

    【著者】W.E.バトラー 著 / 大沼忠弘 訳

    こんな本があったのですか。読んでみたい。
    復刊ドットコムのメルマガ
    ▼今週のPICK UPリクエスト▼
    コーナーで知りました。(2018/07/25)
  • ワースト 全4巻

    【著者】小室孝太郎

    復刊ドットコムのメルマガ▼今週のPICK UPリクエスト▼から来ました。
    すごい構想・構成・ストーリーの本格SFのようですね。
    これは再評価されるべき作品ではないでしょうか。

    ワースト (漫画)
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)
    小室孝太郎
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%AE%A4%E5%AD%9D%E5%A4%AA%E9%83%8E(2018/02/14)
  • ベリャーエフ少年空想科学小説選集

    【著者】A・ベリャーエフ

    少年少女向けのベリヤーエフのシリーズが出ていたとはすごい。
    当時の科学の発展に対する夢と希望を体現したようなシリーズですね。
    なお、表記は「ベリャーエフ」。
    復刊ドットコムでは「ベリヤーエフ」で検索しても出てきません。(2013/07/05)
  • タイム・トラベラー 筒井康隆「時をかける少女」より

    【著者】石山透

    映像が失われたと思われる今、そのシナリオである本書は貴重な歴史的資料。読み物としても非常に面白い。
    原作『時をかける少女』とは全く違う時空を駆けまくる大冒険が展開されています。
    筒井版『時をかける少女』より石山透版『続・時をかける少女』の方が好きという方はぜひ。(2011/07/18)
  • 四丁目の怪人くん

    【著者】枡谷タケシ

    ある掲示板でこの作品についての記述があったので知ったのですが、古き良き時代のジュニア向けSFというイメージがする。ぜひ読みたい。(2007/02/25)
  • アニメディア特別編集『未来少年コナン愛蔵版』

    【著者】アニメディア

    復刊されたら購入させて頂きます。
    ……しかし、これほどすばらしい本なら、もう少し安くして色々な人が気軽に購入できるくらいの価格にして欲しい……。(2003/12/01)
  • 未来少年コナン

    【著者】久松文雄(原作・アレクサンダー・ケイ)

    復刊ドットコムで「読む!名作アニメ 未来少年コナン」の発売を知って、注文したついでに『未来少年コナン』を検索すると、このリクエストがされているのを知りました。
    『コナン』の本なら何でも欲しい。
    確か番組放映時、「小学○年生」でも、マンガ+文章で、あらすじを連載していたと思います。(2003/09/23)
  • SFロマン文庫全30冊

    【著者】本の内容に書きます

    結構細かい字でページ数も多く、大人が読んでも読みごたえあるシリーズ。内容もまた、本格SFしています。(2003/06/12)
  • エスエフ世界の名作 全26巻

    【著者】白木茂 ほか多数 訳

    今の子どもたちにもきっと受け入れられるし、必要でもある。
    人類の未来のためにも、読み継がれていってほしい。(2003/03/01)
  • アニメ版映画・テレビ「未来少年コナン」 全6冊

    【著者】(原作:アレクサンダー・ケイ)

    このシリーズは欲しかったのに、結局『大団円』しか購入できませんでした。その後数年間、書店でフィルムコミックコーナーをチェックしていました。今でも古本屋ではフィルムコミックコーナーを見て探しています。(2002/11/17)
  • 創作子どもSF全集 全20巻

    【著者】豊田有恒 光瀬龍 福島正実 矢野徹 砂田弘他

    子どもが読んでも面白く、大人が読んでも面白い。
    しかし単に面白いだけでなく、科学と人類の未来について深く考えさせる内容。
    20世紀後半に私たちが想像していた未来の社会と課題がそこには描かれています。
    現実に迎えた21世紀。あの頃想像していた世界はまだ実現していませんが、このシリーズが少年少女に見せてくれた未来の断片は、今後ますます貴重なものとなっていくでしょう。(2002/09/23)
  • ロシア・ソビエトSF傑作集(上・下)

    【著者】オドエフスキー、ベリャーエフ他 深見弾訳

    小学校の図書館でベリヤーエフの『合成人間』を読み、中学時代に創元推理文庫の完訳版『ドウエル教授の首』を読みました。ソビエトSFというと、他に、小学時代に読んだポレシチューク作・袋一平訳『なぞの宇宙人』や、グレゴーリ・アダモフの『海底五万マイル』も記憶に残っています。なかなかソビエトのSFも面白そうだ、と思っていて、この本もいつか買うつもりでしたが、結局買わずに過ごしてしまいました。今度こそ読んでみたいですね。(2002/07/15)
  • 少年少女21世紀のSF

    【著者】瀬川昌男ほか

    ある掲示板でこのシリーズについて教えられ、さらに、復刊ドットコムでもリクエストされている、と教えられました。
    幸い、近くの公立図書に揃っていたので実物を見られましたが、鮮やかな表紙絵にさし絵、2段組でボリュームある内容。オリジナルの本格SF全集です。力が入った全集だと分かりました。
    現在でも古びない魅力を持っています。(2002/04/21)
  • ます美のSF絵話「空中都市008」

    【著者】文・高垣葵 撮影・鈴木貴雄 原作・小松左京

    私が少年時代を送った20世紀後半、21世紀になれば、この物語が現実のものになる、と信じていました。
    現実に迎えた21世紀。21世紀は、20世紀の延長でした。
    今の子どもたちは、かつての私たちのように、このような明るい未来観を持っているのでしょうか。
    「バトル・ロアイヤル」やホラーばかりでは悲しすぎます。この作品の復刊はもとより、新たな「空中都市008」が描かれる必要があります。(2002/04/21)
  • 少年少女世界SF文学全集

    【著者】「本の内容」を参照してください

    完訳版を読む前に、このような全集でSFの世界に触れることは素晴らしいことだと思います。かくいう私も、『怪奇植物トリフィドの侵略』を読んで、SFを意識しました。
    この全集、表紙もさし絵もいいですね~。
    また、当時の少年少女にSFと科学の初歩的知識を啓蒙してくれた解説も素晴らしい。(2002/04/21)

T-POINT 貯まる!使える!