復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

ネミサマさんの公開ページ 復刊投票コメント一覧 7ページ

復刊リクエスト投票

  • 決定の本質   キューバ・ミサイル危機の分析

    【著者】グレアム・T.アリソン    宮里政玄

    詳しい事は、まだ、その当時、私が子供だったゆえに、知らない
    のですが、後から聞くには「核戦争一歩手前」だったそうです。(2006/01/05)
  • 楽しみと冒険(2)男友だち 女友だち

    【著者】吉行淳之介編

    人間と、付き合うのがメンドクサクて「人間嫌い」だった頃は、
    きっと読まなかったろう本ですが、それが、変わって来た、この
    頃としては読んでみたい一冊です。(2006/01/05)
  • おとなの時間(4)近くてそして遠い仲

    【著者】吉行淳之介編

    「序」だけでも読んでみたい。(2006/01/05)
  • 吉行淳之介人間教室

    【著者】吉行淳之介、山本容朗

    面白そうなので読みたい。(2006/01/05)
  • ぼくのすきなおじさん

    【著者】長新太

    きっと、愛すべきガンコものの、おじさんなのでしょう!(2006/01/01)
  • 証明の読み方・考え方

    【著者】ダニエル・ソロー 著 / 安藤四郎 西村康一 島孝司 川村昌雄 訳

    「数学の文法?」ーーーーーどんな、もんでしょうか??(2006/01/01)
  • あんちゃんが行く

    【著者】丘修三、梅田俊作

    今で言ったら「発達障害」でしょうか?ーーー昔は「知恵おく
    れ」などと言ったのです。 昔の時代に、そうした人が、どう生
    きたかが知りたい。(2006/01/01)
  • 不思議の国のアリスの算数パズル

    【著者】山崎直美 著・訳

    「不思議の国のアリス」病の患者として、一票!(2006/01/01)
  • 笑う顔には福きたる

    【著者】さとうピカ一

    今、私は「笑う門には福来る」がホントウのホントか、実験をし
    ています。 今のところ、笑い過ぎは、あまり良く無いですが、
    「適度に笑顔」になれると、自分自身の感覚が安定して「使い
    易く」なるようで、それによる快適さは、一種の「福」と言って
    も良い様です。 ちなみに「無愛想」は自分自身の感覚の感度
    を、ひどく低下させるようです。(2006/01/01)
  • 言葉の二十世紀

    【著者】斧谷弥守一

    言葉に興味があるので。 むつかしそうで、読むと発熱して、頭
    痛がするかもしれないか・・・・・・。(2006/01/01)
  • 忙し母さんの手ぬき料理

    【著者】坂本廣子

    コメントの中の「レシピ通り作る本とは違って、テキトーに味付
    けが出来るのが魅力」という所にも惹かれて、投票します。 こ
    うした本が、一冊あって、これで料理を覚えられたら、独りぐら
    しの人たちにも、また多くの人たちにも福音でしょう。(2006/01/01)
  • 僕たちの失敗

    【著者】石川達三

    どんな「失敗」だったのだろう?(2005/12/16)
  • ペスト大流行 ヨーロッパ中世の崩壊

    【著者】村上陽一郎

    どうして「文明」は、ときとして崩壊するのか?ーーーそんな、
    事を知るのによさそう。(2005/12/16)
  • 公式ガイド サンダーバード大百科

    【著者】ジェリー・アンダーソン、クリス・ベントレー著 五十嵐正訳

    あの頃、よく見てたなぁ~(遠い目)。(2005/12/14)
  • 自由と宿命・西尾幹二との対話 新書y

    【著者】西尾幹二 池田俊二

    少し前に、言われていた「やさしさ」が、「安全神話」の崩壊と
    ともに、影をひそめ、かわりに、もっと、むき出しの「無愛想」
    や「不機嫌さ」が、蔓延りつつ有り、また、貧富の格差も以前よ
    りも広がり、「一億総中流意識」もしぼんできた、きょうこの頃
    読んでよい本かも。(2005/12/14)
  • ドイツ文化の基底  思弁と心情のおりなす世界  有斐閣選書

    【著者】西尾幹二

    興味あり。(2005/12/14)
  • コーランと聖書の対話

    【著者】久山 宗彦

    コプトとは、知ったかぶりしていうと「最古のキリスト教」だと
    か。 興味あり。(2005/12/14)
  • 花暦八笑人

    【著者】滝亭鯉丈

    落語の原作ということで、興味を持った。(2005/12/13)
  • 還元主義を超えて アルプバッハ・シンポジウム 68

    【著者】アーサー・ケストラー

    むつかしいかもしれないが、出来たら読んでみたい。(2005/12/09)
  • 現代について  徳間文庫

    【著者】西尾幹二

    期待は禁物だが、この著者氏なら、かなり真実を憎まれて語って
    くれるかも。 今の日本の「豊かさ」が、いつ消えたってフシギ
    ではない気がするから。 そして覚悟をする意味でも読んでみた
    い。(2005/12/09)

T-POINT 貯まる!使える!