復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

kokusaikankeiさんの公開ページ 復刊投票コメント一覧

復刊リクエスト投票

  • 国際政治の理論 (ポリティカル・サイエンス・クラシックス 3)

    【著者】ケネス・ウォルツ (著), 河野 勝 (翻訳), 岡垣 知子 (翻訳)

    国際政治の名著だからです。(2021/01/27)
  • 中国軍事成語集成

    【著者】永井義男

    中国の国力・軍事力の増大が注目される中、興味深い書籍だと思ったからです。(2020/09/02)
  • 日本爆撃記 米空軍作戦報告

    【著者】米空軍編

    アメリカ軍の側から見た記録に興味があるからです。(2020/04/29)
  • 山・動く―湾岸戦争に学ぶ経営戦略

    【著者】W.G. パゴニス

    名著と聞いたからです。(2020/01/22)
  • 日本戦争経済の崩壊―戦略爆撃の日本戦争経済に及ぼせる諸効果

    【著者】アメリカ合衆国戦略爆撃調査団

    興味のある題材のためです。(2019/04/24)
  • スパイだったスパイ小説家たち

    【著者】アンソニー・マスターズ著 永井淳訳

    イギリスの知識人がインテリジェンスに従事するという伝統が伺えそうで興味があるからです。(2019/01/23)
  • 響け!ユーフォニアムDESIGN WORKS公式設定集

    【著者】京都アニメーション

    中古で高価になっているからです。(2018/10/03)
  • 進化する地政学

    【著者】コリン・グレイ

    日本語で読める地政学の貴重な書籍だからです。
    「胎動する地政学」も復刊して合わせて読みたいですね。(2018/07/11)
  • テロの経済学 人はなぜテロリストになるのか

    【著者】アラン・B. クルーガー

    テロの動機が貧困や低い教育水準が原因という政治家から一般大衆まで思い込みがちな先入観をデータを元に検証しています。そういえばビンラディンもサウジアラビアの富豪の一族でしたし、欧州でテロを行う人物も少なからず貧困層・低学歴とはいえませんでしたね。一読に値する本だと思います。(2018/05/09)
  • ヨムキプール戦争全史

    【著者】アブラハム・ラビノビッチ

    冷戦後の情報も加えて書かれた第4次中東戦争の良書だと思うからです。(2018/01/17)
  • アメリカ海兵隊のドクトリン

    【著者】北村淳

    アメリカ海兵隊のドクトリンに興味があるからです。(2017/10/04)
  • 戦略思想家事典

    【著者】前原透 監修 片岡徹也 編集

    戦略思想史の良書だからです。(2017/07/05)
  • 軍事の事典

    【著者】片岡徹也

    軍事の良書だからです。(2017/03/29)
  • 大国の興亡

    【著者】ポール・ケネディ

    原著が1987年出版(当時のベストセラー)とやや古く、ソ連の崩壊を予測できなかったとはいえ、中国など新興国の台頭によってアメリカなど先進国の相対的な地位の低下を指摘されている近年、読みたい本です。著者が改訂版を出してくれればなおいいですね。(2017/03/06)
  • 「戦略」の強化書

    【著者】西村 繁樹

    戦略学の教材として興味があるからです。(2017/02/24)
  • 世界全戦争史

    【著者】松村劭

    日本語の軍事史事典として貴重だからです。(2017/02/24)
  • 安全保障概論

    【著者】栗栖弘臣

    元統幕議長の書いた入門書・啓蒙書で興味があるからです。(2017/02/24)
  • クラウゼヴィッツ  『戦争論』の誕生

    【著者】ピーター・パレット

    クラウゼヴィッツの評伝の名著だからです。(2017/01/17)
  • クーデター入門 -その攻防の技術

    【著者】エドワルド・ルトワック

    クーデターについての手引書と聞いて興味がでました。
    改訂版が出るといいですね。(2017/01/11)
  • 朝鮮の役 日本の戦史

    【著者】旧参謀本部

    昔に書かれた本ですが、旧軍の研究ということで興味があります。
    この本だけではなく、日清・日露戦争など徳間文庫の「日本の戦史」シリーズ(旧参謀本部)全てを復刊してほしいですね。(2016/10/12)

T-POINT 貯まる!使える!