復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

BHさんの公開ページ 復刊投票コメント一覧

復刊リクエスト投票

  • 陸軍中野学校

    【著者】中野校友会編

    戦前の日本の諜報活動を知るための必読書であるため。(2011/08/31)
  • 情報戦争

    【著者】実松譲

    著者の忌憚の無い回顧録である。
    戦後テレビのインタビューに答え、
    「陸海空が情報を突き合わせ、精査する事が重要であったのに、
    それが無いどころか皆バラバラなことをやってしまった」
    ある意味英霊へ向けての鎮魂歌でもある。(2006/08/24)
  • 陸軍中野学校 全6巻

    【著者】畠山清行

    原理原則はどの時代にも大切です。
    手品はインテリジェンスにはあり得ない。
    日本が実直に挑んでいた歴史です。(2006/07/02)
  • インフォメーション・マシーン

    【著者】ベン・H・バグディキヤン

    今後研究が進むと思われる情報環境学の古典名著になるべき書籍であるから。(2006/05/27)
  • 海の政治学

    【著者】曽村保信

    著者ほど日本において地政学の重要性をわかりやすく説いた
    著作者を私は知らない。
    この本は海から観れば日本は戦略上こう定義付けられ、
    その現実からは逃れられないと喝破した、
    開眼の書である。(2006/04/24)
  • 諜報・工作 ラインハルト・ゲーレン回顧録

    【著者】ラインハルト・ゲーレン

    自由主義陣営側に立って冷戦時情報戦を戦った、
    西ドイツ諜報組織トップの貴重な回顧録だから。(2006/04/15)
  • 諜報-情報機関の使命-

    【著者】ゲルト・ブッフハイト

    戦後日本では戦略や軍事面での議論研究が辟易され、
    国家運営の基礎である情報活動まで「悪」とされた。
    しかし現在その必要性は国民にも切実に実感され、
    勉強意欲も強い。
    そんな方々への教科書的一冊。(2006/04/15)
  • イスタンブル物語

    【著者】森川久美

    トルコは欧州・中東。?
    キリスト教・イスラム教。?
    珍しい舞台時代設定の希有な本。(2006/04/09)
  • 諜報の技術

    【著者】アレン・ダレス

    いわゆるヒュミントについて記した古典的名著。(2006/03/14)
  • CIA流戦略情報読本

    【著者】H.E.マイヤー

    戦略情報活動はスーパースパイの超人的な活躍に
    依存するは例外であり、邪道でさえ在る。
    原理原則教本則を学ばずして機関設立語る無かれ。(2006/01/11)
  • ゾルゲ謀略団

    【著者】竹内春夫

    ゾルゲの成果は、その統率力無しには語れない。
    スーパースパイの活動の実態を学ぶ。(2006/01/11)
  • 情報機関ーその使命と技術

    【著者】ゲルト・ブッフハイト

    これから日本は責任在る外交を展開するために、
    必要な情報を必要な人物が得ることの出来る
    仕組みを作らねばならない。
    それには情報機関についての原則論から
    始めなければない。(2006/01/11)
  • 現代史資料ゾルゲ事件

    【著者】みすず書房

    情報機関やスパイの必要性が
    外交方面の失態が明らかになる度に叫ばれるが、
    嘗ての、立場は逆であれど名スパイについて、
    我々は余りに不勉強ではないでしょうか。(2006/01/11)
  • 石油の世紀

    【著者】ダニエル・ヤーギン、日高義樹、持田直武

    そのままテレビドキュメンタリーの原作になった名著だ。
    イラクに限らず石油戦略を理解するに必読書だ。
    復刊しないでどうする。(2004/04/19)
  • デモクラシーの理想と現実

    【著者】ハルフォード・ジョン・マッキンダー

    この本は地政学に欠く事の出来ない古典であるだけでなく、昨今話題のグローバリズムの限界を予言していた洞察の書である。今後、日本でも開講相次ぐ「戦略学」の教科書ラインナップに必須。(2002/01/14)

T-POINT 貯まる!使える!