復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

サンフランシスコ講和と日本外交

波多野澄雄

8,800円(税込)

(本体価格 8,000 円 + 消費税10%)

【送料無料】

amazon.co.jpにてお買い求めください

amazon.co.jpへ

※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。

お気に入りに追加

著者 波多野澄雄
出版社 吉川弘文館
判型 A5
頁数 376 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642039345

商品内容

1951年の講和条約は、領土・領域、賠償、戦争責任などの「敗者」としての戦後処理問題に加え、「植民地帝国」の清算という難題にも直面した。
米国の思惑にも左右されながら、日本外交はこれらの課題にいかに対応し、講和条約体制を築いていったのか。その形成過程と揺らぎを軸に、領土と安全保障問題が交錯する沖縄「密約」の問題にも迫る。

▼目次

--はじめに
--一 本書の概要と校正
--二 本書のねらい
第一部 講和条約体制の形成とその揺らぎ
--第一章 講和と安全保障
 --はじめに
 --一 初期の講和構想
 --二 アジアの冷戦と講和問題の停滞
 --三 朝鮮戦争の衝撃-講和・安保の合意-
 --おわりに -「吉田外交」の評価をめぐって-
--第二章 講和条約と領土・領域問題
 --はじめに
 --一 初期の講和構想と領土問題
 --二 ダレスと領土問題
 --三 沖縄・小笠原と竹島
 --おわりに
--第三章 戦争賠償と経済協力
 --はじめに -「賠償」の登場-
 --一 講和と賠償
 --二 東南アジア賠償交渉の展開
 --三 賠償と経済協力
 --四 「二つの中国」と賠償問題
 --おわりに
--第四章 講和条約と戦争責任問題
 --はじめに
 --一 東京裁判
 --二 天皇の免責と退位論
 --三 講和条約と戦争責任
 --四 戦犯釈放の奔流
 --おわりに -政府にとって戦争責任とは-
--第五章 「帝国の解体」と講和体制の揺らぎ
 --はじめに
 --一 講和体制の形成と「脱植民地化」問題
 --二 帝国の解体と国籍問題
 --三 「戦後補償問題」の噴出
 --四 揺らぐ講和体制 -個人請求権問題の浮上-
 --おわりに
第二部 講和後のアジアと日本
--第一章 日韓会談と請求権問題 -いわゆる「徴用工」問題を中心に-
 --はじめに
 --一 サンフランシスコ講和条約と日韓会談
 --二 在韓私有財産をめぐる応酬
 --三 停滞と前進
 --四 請求権問題の本格討議
 --五 被徴用者の補償問題
 --六 経済協力と請求権
 --七 大法院判決の前哨
 --おわりに -国家と「個人」-
--第二章 「地域主義」をめぐる戦後アジア外交
 --はじめに
 --一 日本の復興・アジアの復興
 --二 中国の「喪失」と「地域統合」構想
 --三 「多角地域主義」構想の展開
 --四 ナショナリズムへの対応
 --五 「アジアの一員」としての役割とは
 --六 南北問題と地域主義
 --おわりに
--第三章 コロンボ・プラン東京会議(一九六〇年)と日本
 --はじめに
 --一 コロンボ・プラン加盟と「地域主義」構想
 --二 鳩山・岸内閣と「多角的地域協力」の推進
 --三 「地域主義」構想の退潮と技術協力の浮上
 --四 コロンボ・プラン東京会議
 --おわりに
第三部 沖縄返還交渉と「密約」の虚実
--第一章 事前協議制の揺らぎと「核密約」
 --はじめに
 --一 沖縄返還と韓国・台湾
 --二 事前協議制をめぐる相克
 --三 事前協議はVETOか?
 --四 事前協議と韓国・台湾
 --五 「核の再持ち込み」交渉と「核密約」
 --六 韓国と台湾の反応
 --七 「核密約」とは何であったか
 --おわりに -「核密約」は有効か?-
--第二章 沖縄「密約」の構図
 --はじめに
 --一 「柏木・ジューリック了解覚書」 -すべての投資は回収する-
 --二 請求権問題
 --三 請求権とVOAをめぐる最後交渉
 --四 「密約」の構図
 --おわりに
あとがき
索引

もっと見る

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!