復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
1,980円(税込)

江戸時代の瀬戸内海交通

倉地克直

1,980円(税込)

(本体価格 1,800 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:18ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 倉地克直
出版社 吉川弘文館
判型 四六判
頁数 272 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642059169

商品内容

江戸時代前期、幕藩体制が整うに従い瀬戸内海交通の重要性が高まった。西国から大坂・江戸へ米をはじめさまざまな産物が運ばれ、商人・大工や参詣の人びとが行き交った。
厳しい自然による海難事故も多く、海域の領主と民間との協力による救助や損害補償の方法が定まっていく。岡山藩「御留帳御船手」14年間の記録から海上交通事情を探る。

▼目次
瀬戸内交通を伝える記録 -プロローグ
瀬戸内海の交通環境
--江戸時代のはじまり
--岡山藩船手
--備前の浦と浦船
--湊を持たない藩の船と蔵本
海難事故と救助
--海難救助の仕組み
--「御留帳御船手」にみる海難事故
--日本海での備前船の事故
--九州・瀬戸内海での海難事故
--備前・讃岐海域での事故
--太平洋での事故
--漂流・漂着事件
江戸時代前期の物流
--物流のあり方
--難船と分散仕法
--ヒトの移動
--米の輸送
--塩・海産物・材木・石材
--行き交うさまざまなモノ
瀬戸内交通の構造 -エピローグ

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!