復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,400円以上で送料無料
9,900円(税込)

日本陸軍の軍事演習と地域社会

中野良

日本陸軍の軍事演習と地域社会

予価 9,900円(税込)

(本体価格 9,000 円 + 消費税10%)

【送料無料】

配送時期:2019/10/中旬

Tポイント:90ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:48 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

<ご注意>
2019年10月以降発売の商品につき、10%の消費税率が適用されます。あらかじめご了承ください。
著者 中野良
出版社 吉川弘文館
判型 A5
頁数 272 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642038881

商品内容

軍隊の維持に不可欠な軍事演習にあたり、陸軍と地域社会はいかなる関係を有したか。
日露戦後から昭和戦前期という、軍隊をとりまく環境が揺れ動く時期を対象に、演習地の負担・被害と歓迎や利益追求、演習地に対する陸軍の認識を考察し、両者の円滑な関係構築と軍事的要請とのジレンマを描き出す。
天皇統監の特別大演習に関する論考も収録する。

▼目次
序章
軍事演習をめぐる軍隊と地域の相互関係
--典範令に見る軍事演習制度の変遷 -地域との関係を中心に
 --典範令の機能と思想
 --演習令はどのように制定・改正されたのか
 --演習令の思想史
--行軍演習と住民教化
 --行軍演習の意図
 --行軍演習における住民教化の諸相
 --地域社会の反応 -「物質的待遇」問題を手がかりに ほか
--演習部隊を「歓迎」する地域社会 -「物質的待遇」をめぐって
--軍事演習と地域社会のジレンマ -「演習戦術」と負担軽減
--演習被害に対する損害賠償の可能性と限界 -経理将校の議論から
陸軍特別大演習と天皇・軍隊・地域
--特別大演習と行幸啓の構図
--都市・メディアと特別大演習
終章 本書の総括と課題

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!